pickup

スチールラックにかけた服

今着る服だけクローゼットにかけたい!と思い、季節外の服を納戸のラックに保管することにしました。

さっそくハンガーパイプを買って服をかけてみたものの埃(ほこり)が気になる!

かと言って、洋服1枚1枚にカバーをつけるなんてそんな面倒なコトはできない。

布を買って自分で作ることも考えましたが手間、布代、時間を考え、ラックごとカバーできるワードローブカバーを買いました。

実際、とってもよかった!

というワケで、今日は手持ちのラックにかけたワードローブカバーをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ドウシシャのワードローブカバー

ワードローブカバーをつけたところ

家にあったスチールラックはホームセンターのコーナンで買ったもの。

ラックの大きさを計ると、幅91.5×奥行46×高さ178.5㎝でした。

ネットでググるとドウシシャのワードローブカバーがピッタリ!

それもそのハズ。

知らなったんですがコーナンで買ったスチールラックはドウシシャのルミナスシリーズというもので、カバーも同ルミナスシリーズ。

ピッタリなわけです。

生地はポリエステルでしっかりしています。

汚れたら固く絞ったタオルでふきとるだけ。

カバーの生地

 

つけ方も簡単で、ラックにカバーを上からかぶせ、内側のマジックテープをラックのポールにまきつければ完了!

パイプにマジックテープで固定

 

ファスナーは3か所あり、服の出し入れもしやすくて大助かり。

ファスナーは3か所

 

買う前は、

ゆうゆう
アイボリーの箱みたいなのが納戸に出現するみたいでカッコ悪いかも

と心配していましたが、カバーをつけることでかえってゴチャゴチャと中身が見えなくなってスッキリしました。

 

ただ「さぁ、ファスナーをして完了!」と思ったそのとき、まさかのファスナー不具合発見。

Amazonで買ったので交換してもらいました。

交換手続きもネットですみ、集荷にも来てもらったので一歩も外にでずに交換してもらえてよかったです。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

今までクローゼットの中に春夏秋冬全ての服をかけていました。

使わないものは端によせていましたが、窮屈。

今回、手持ちのラックにハンガーパイプとカバーを買いたすだけで新しく衣類の保管場所ができ、大満足です。

埃がつくとダニやカビがつくので今までラック収納していませんでしたが、カバーで解決!

おかげでクローゼットもすっきりしました。

この記事が、手持ちのラックにカバーをつけたいな、と思っている方の参考になれば嬉しいです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事