ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

「防災食」は何処に置く?リビング置きをススメする理由

f:id:nyuuko:20180608201237j:plain

大阪に子供と一緒に住んでいます。

大阪は、この30年の間に大地震が起きる可能性が70~80%もあると言われているため、防災意識は高いつもりです。

この「つもり」が案外くせもの。

本やネット等で色々読んだり見たりはしているものの、実際は「なんとなく」備えている、と言う程度です。

震災が起きたら3日間は自分達で食べ物を確保する事を想定して備える

と言われているので長期保存用の食べ物と水は購入していますが、それでも「3日分あるか?」と言われるとそんなにもストックしていないのが現状。

しかも、今まで保存食は全て2階にある納戸にしまい込んでいました。

本当に震災にあったら、この食料を手に取る事が出来る?

そう考え、今回防災食の置き場所を変えてみました。

 

防災食はどこに置くのがベスト?

今まで防災食は、全て2階の納戸に置いていました。

でも、

  • 家が傾き、ドアや戸が開かなくなるかも知れない。
  • 2階に上がれなくなるかも知れない。

そんな事を考え、思い切って一階のリビングにも分散して置いて見る事にしました。中にしまい込むと取り出せなくなる事もあるので「置くだけ」の収納です。

2箱置いたのですが、1つは私が本棚代わりに使っているカラーボックスの中。

f:id:nyuuko:20180608171609j:plainよくあるタイプのカラーボックス用の収納ボックスを使って、主に「水」「お米」「缶詰」等を入れています。

f:id:nyuuko:20180608171634j:plain
お米は「白米は食べにくい」と聞いたので、味付きの物を多めに購入。以前賞味期限直前に家族で試しに食べた事があるのですが、割と濃いめの味でした。

夫も息子も私も思ったより美味しく食べれたのに対し、娘だけ

まずっ

と一言。

おかしいなぁ、家族の中で、味の濃い物が一番好きなハズなのに(笑)

もう一つは子供用の本棚の横に置いてある、椅子の下に蓋つきの籠を買っておきました。

本当は無印良品のラタンの籠を買いたかったのですが、蓋なしでも購入すると5,000円程になってしまうので断念。防災食入れにしては、私には高すぎる。

  • リビングに置いていても様になる物
  • 埃が入ったり中が見えないよう、蓋つきのもの
  • 椅子の下におけるサイズ
  • 2,000円前後の値段のもの

この条件を満たす収納バスケットをAmazonで購入しました。お値段がお値段なので、本物の籐ではありません。PP素材です。

f:id:nyuuko:20180608171659j:plain

けれども「長い間椅子の下に置いておく」と考えると「洗える素材」と言うのは意外と良かったと思っています。丈夫なのもポイントが高い。

f:id:nyuuko:20180608201202j:plain

こちらは今の所、水だけを入れています。

「500ml のタイプの物が飲みやすい」と防災の本には書いてあったので、500mlの5年間長期保存水を入れています。2階の納戸には長期保存用の2リットルの水も常備。

3日分の水の目安は4人分で2リットルの水18本だそう。結構な量ですよね。

食べ物は常温で置いているものや缶詰、最悪お菓子などを食べてしのげそうですが、3日間も水がないと脱水症状を起こしたり不衛生になるので、水の確保だけは死守したいと思っています。

使うか使わないかで考えると「30年の間に数回あるかないか分からない程度」のものなので、納戸や押し入れの中にしまい込みたい。でも、もし本当に地震が起きたなら「見えない場所」に置いている防災食は、手に取る事が出来なくなるかも知れない。

そう考えると、置き場所は分散させ、出来るだけしまい込まない方法が良い、と私は思います。

 

賞味期限が切れてしまった水の行方

実はうっかり賞味期限が切れてしまった水もあります。私はウッカリ人間なので、今までも何度かこの「賞味期限切れ」があり、その都度庭の花木に使っていました。

今回はトイレや足を洗ったりする水として、暫くとっておこうと思っています。飲料水として使わなければ、後1,2年はもつんじゃないかな?(多分)

 

ゆうゆう的まとめ

以前からちょこちょこと防災用品を購入したり、対策を考えたりしていますが、切迫感がなく、いつも「何となく」から抜け出すことが出来ない状態です。もっと真剣に考えないといけませんね。

万一地震が起きてしまい、その時に命があったなら、次は救援が来るまでの間の過ごし方が重要。

食べ物を用意していたけど、取り出すことが出来ない!

そんな事にならないよう、今回防災食の置き場所を分散させたので、少しですが安心出来ました。

夫や私などの大人はともかく、小さな子供は不自由な環境下ではなかなか「我慢」出来ないかと思います。防災対策は「子供中心」で余裕を持って用意出来たらな、と思っています。

「備えあれば、憂いなし」

なるべく災害が来ない事を願いつつ、出来る事は少しでもやっていきたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。