pickup

 

シャープのプラズマクラスター

乾燥の季節。

エアコンがフル稼働の中、我が家では加湿空気清浄機が大活躍。

特に私と息子は喉が弱いため、これ無しでは直ぐに喉がガラガラ。

くわえて夫は酷い花粉症なので、これ無しだとクシャミが止まらず。

もう加湿空気清浄機がないと生活できません。

「何となく、最近臭いがするような気がする」と思ってみると、案の定、フィルターやトレーが汚れていました。

今日は、シャープのプラズマクラスターの加湿空気清浄機のお掃除についてご紹介したいと思います。

 

プラズマクラスターの掃除

掃除の目安時期

【1か月に一度】

  • タンク
  • 加湿フィルタ ー
  • トレー
  • 後ろパネル

 

掃除する部分をはずしたところ

 

【臭いがする時】

  • 集じんフィルター
  • 脱臭フィルター

各フィルター

 

フィルターやカートリッジ交換時期

【10年に一回】

  • 加湿フィルター
  • 集じんフィルター
  • 脱臭フィルター

 

【1年に1回】

  • カートリッジ

 

フィルターも交換しました

掃除しても「やっぱり何となく臭いが気になるなぁ」と思っていたら、プラズマクラスターを購入して丁度今年で10年目と言うことが判明!

結構鼻、利いてます👃

早速ネットでフィルターを購入しました。

 

余談ですが、形名を間違えて大きなサイズを注文してしまい、折角ネットで安く買えたのに返品送料等でかえって高く付くことに(涙)

取扱説明書

皆様も、ネットで注文する場合は形名にご注意くださいね!

 

掃除の仕方

トレー

これは基本、2,3日に1度はしています。

使い古した歯ブラシでゴシゴシ。

所要時間10秒程。かなり適当です(笑)

タンクを入れたままだとトレーに水がたまってヌメリ易くなるので、私は寝る前にはタンクと加湿フィルターを外してトレーに溜まっている水を空にしています。

こうしておくと、2,3日に一度の掃除が10秒ですみます(笑)

 

★ポイント★
水をためっぱなしにしない

 

後ろパネル

大きなホコリを取る役目の後ろパネルはメンドウなので水でザッと洗い流すだけ。

臭いが気になる時は、台所用洗剤に10分程つけ置きでOK。

放置です。

 

集じんフィルター、脱臭フィルター

掃除機でサーッと吸い取る。朝の部屋の掃除のついでにたまにしています。

本当は1か月に1度らしいのですが私は気が向いた時だけ(笑)

特に脱臭フィルターは中に炭?みたいな物が入っているので思わず水洗いしたくなるんですが、水洗い厳禁!フィルターの機能を失うそうなので注意して下さいね。

集じんフィルターと脱臭フィルター

 

加湿フィルター

水あかや臭いが気になる時は台所用洗剤か重曹で30~60分のつけ置き。

これまた放置。

クエン酸
加湿フィルターの白い塊(水に含まれるカルシウム)が取れにくい時はクエン酸で2時間ほどつけ置き洗いします。
これまた放置。
加湿フィルターの掃除の様子

 

重曹も、クエン酸も百均で売っているので思う存分使えます♪

 

スポンサーリンク

10年目で交換したもの

タンクのカートリッジ。これ、本当は1年に1度交換しないといけないのをすっかり忘れてました。

って10年も忘れている、私(恥)

タンクのカートリッジ

給水タンクのトレーのヌメリ、臭いを抑えるようです。これ、10年放置してたからフィルター掃除しても臭いがしたんでしょうか・・・!?

 

 

加湿フィルター

加湿フィルター

すんごい汚れてます! 我ながら、ビフォーアフター感が凄いです。

 

集じんフィルター

集じんフィルター

古いフィルターの色が完全に別物・・・。

集じんフィルターのアップ画像

アップしてみました。この白いモフモフが花粉、ダニの死骸、カビ、ホコリ、チリかと思うと卒倒しそう~。

 

脱臭フィルター

生活臭を吸着するフィルター

脱臭フィルター

 これもアップしてみました。

脱臭フィルターのアップ画像

何の生活臭なんでしょうか? 何かが大量に付着しています・・・。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

とにかくもの凄く汚れていてビックリ!

加湿空気清浄機なのにこんなに汚れていては、清浄どころか空気が汚染されそうで震え上がりました。

ついつい「加湿空気清浄機を買いさえすれば乾燥から守られて空気も綺麗になる」と思ってしまいますが、適切なお手入れなくしては逆効果になってしまいそうだと実感。

1か月に1度のフィルター掃除で快適に使っていけるので、これからもマメに掃除しようと思いました。

加湿空気清浄機をお持ちの皆さん。一緒にマメに掃除して少しでも長く、清潔に使っていきましょう!

 

ゆうゆうでした

 

スポンサーリンク
おすすめの記事