pickup

 

f:id:nyuuko:20180226135502j:plain

小川軒のレーズンウィッチをお土産に頂きました。

知らなかったのですが『小川軒』は関東では知らない人がいない程有名なお店なのだとか。

正直バターサンドがあまり好きではないので、頂いた時は

「苦手なんだけどなぁ」

と思ってしまいました。(スミマセン)

気が進まないまま頂きましたが、これが

無茶苦茶美味しい!

今までのバターサンドは何だったんだ!?と思う程美味しかったので、今日は小川軒のレーズンウィッチをご紹介したいと思います。

 

『小川軒』のレーズンウィッチとは

小川軒のレーズンウィッチ
バターサンドのことで、クッキーに生バターとラムレーズンがサンドされた洋菓子です。

レーズンウィッチとはサンドウィッチからとった造語だそうで小川軒のオリジナル。

他に有名なバターサンドと言えば六花亭のマルセイバターサンドが有名ですが、六花亭のバターサンドはこの小川軒のレーズンウィッチを参考に作られたものです。

だから『小川軒』は「元祖」なんですね。

 

美味しさの秘密

「材料8割、腕2割」

これは先代の小川順さんの言葉。

この言葉通りに最高の食材を厳選され、新鮮で、美味しいお菓子作りをされています。

濃厚で風味豊かなバターは直接契約している生産者のものを使用。レーズンはカルフォルニアの農家から肉厚で、高品質な物が使用されています。

本当、素材の良さが際立っています。

 

4つの『小川軒』

『小川軒』は4つあります。

4店舗ではなくて、4つです。

 

  1. 代官山小川軒 長男
  2. 目黒・新橋小川軒 次男
  3. 御茶ノ水小川軒 三男
  4. 鎌倉小川軒 親戚

 

それぞれ全く別々の『小川軒』で、兄弟と親戚でされています。

どこもレーズンウィッチを扱っていますが、包装も味も違うため「4つの小川軒のレーズンウィッチ食べ比べ」なるものが広まっているそう。

いや、本当に美味しいので全部食べ比べてみたい!

お値段は目黒店が10個入り1,000円。後は全て1,200円になります。

1個100円~120円でこのクオリティー。素晴らしい!!

 

スポンサーリンク

レーズンウィッチを食べた感想

レーズンウィッチの断面

【ボリュームのあるクッキー】
生地がサクッとしていて、ほのかに苦みを感じる香ばしさもあって美味しい!

小麦粉の味がしっかりしています。

ドリュールが塗られたクッキーにはスライスアーモンドが裏表両面に付いていました。

 

【バターがクリーミー】
「これ本当にバター!?」と思うほどのクリーミーさ。バターだけ食べると甘い。でもその甘さがラムレーズンの味を損なわないんです。まさしくラムレーズンのためのバターでした。

バターたっぷりの中身
【レーズンが大きい】
1粒2センチ以上あります。思わず定規で測ってしまいました(笑)

これが20粒弱入ってます。

ラムの風味がかなりあったので子供が酔っぱらわないかと心配でしたが大丈夫でした。

やわらかいラムレーズンがクリーミーなバターの上にたっぷりと乗っていて本当に美味しいです。

クッキー、バター、ラムレーズン。

1つずつは全く別物で、しっかりと個性があるのに絶妙なバランスでマッチしていました。

とにかく今まで食べたバターサンドの中で一番美味しかったです。

 

スポンサーリンク

鎌倉と御茶ノ水は通販でも買える

あっと言う間に10個入りを食べてしまった私(と家族)。

美味しくて、ど~してもまた食べたくなってしまい通販があるか調べてみました。

目黒と代官山は通販はなし。鎌倉はAmazonで、御茶ノ水は楽天市場で購入出来ますが、送料が結構高いです。

この他探していると鎌倉は東京駅で購入出来ることを発見!

これはもう、夫に東京出張の際に買って帰って貰うしかありません。

鎌倉のレーズンウィッチ

《2018年4月13日追記》と思っていたら、先日高島屋の「味百選」で鎌倉小川軒のレーズンウィッチを発見! 早速購入して食べてみました。

うーん、正直、目黒のレーズンウィッチとは全くの別物。これはこれで美味しいのでしょうが私にとってはごくごく普通のバターサンドでした。

お店によって随分味が違うようなので、ますます他の店舗のレーズンウィッチが食べたくなった~(笑)

代官山は関東のデパートの催事で時々販売されているようです。

いいなぁ~、大阪のデパートにも来て欲しい~!!

 

ゆうゆう
大阪内のデパートやったら何処でも行くでっ

 

と思いましたが、交通費や手間を考えると通販で買った方が結局は安くつくかも知れません。

デパート行ったら、よけいなもん買って帰りそう(笑)

 

ゆうゆう的まとめ

無茶苦茶私好みでした。

クラシックな丁寧な焼き菓子です。

シンプルな材料で素材の良さを最大限に生かしたお菓子。

メジャーなバターサンドと言えば六花亭が有名ですが、実は私は六花亭のバターサンドがちょっぴり苦手。

あんなに人気のある有名なお菓子が苦手だったので「バターサンドは好きじゃない」と思いこんでいました。

でも、好みなんですね。

小川軒目黒のバターウィッチは私にとっては本当に美味しく、思わず1度に2個も食べてしまいました。3個目に手を伸ばそうとしましたが、子供の手前、辛うじてストップ。

他の3つの『小川軒』のレーズンウィッチも是非とも食べてみたい!と熱烈に思っています。

あぁ、世の中には、まだまだ私の知らない美味しい物が沢山あるんだなぁ。

皆さまも、機会があれば、是非とも『小川軒』のレーズンウィッチを食べてみて下さいね!

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事