pickup

 

水のいらないシャンプー

また息子が扁桃腺炎で高熱を出しました。

熱が出ると安静第一。もちろんお風呂にも入れません。

我が家はしょっちゅう息子が風邪をひくので必ず常備している物があります。

それは『水のいらないシャンプー』。

今日は災害時にも重宝する、水を使わずに使えるシャンプーをご紹介したいと思います。

 

水のいらないシャンプーって?

資生堂が2004年に出したドライシャンプーです。

震災などの災害時に重宝する、との口コミで一時期大変人気が出たそう。

我が家も防災用品として買ったのですが、有難いことに今まで大きな災害にあっことはなく、出番がありませんでした。

そんな時、

 

ゆうゆう
あれ?コレってお風呂に入られへん時に使ったら良いんやんな

 

と気づき(遅い:笑)、それからは風邪などでお風呂に入れない時に使用しています。

コレ、ものすご~く便利なんですよ!

 

スポンサーリンク

『水のいらないシャンプー』の使い方

 

どこでも簡単に髪と頭皮のニオイや汚れをふきとるシャンプーです。

 

とボトルに書かれている通り簡単に使えます。

 

ドライシャンプーの使い方
  1. 髪全体にスプレーする
  2. 軽くマッサージする
  3. タオル等でふき取る

 

たったこれだけ。

「セミロングで7~8回スプレーが目安す」とされているので、息子の小さな頭なら4,5回もスプレーすれば十分。

シュッシュッシュッとスプレーし、ワシャワシャとマッサージ(?)し、ゴシゴシ、とタオルでふけば終了!

3ステップ、時間にして1分もかかりません。

 

スポンサーリンク

使い心地はどうなの?

数年にわたって使い続けている我が家ですが、使い心地はいたって良い、と個人的に思っています。

息子
ス~ッとする

 

エタノール(アルコール)が入っているのでスプレーした時にス~ッとします。清涼感があるのでかなりサッパリした使い心地です。

息子は皮膚も敏感でたまに頭皮に薬も塗るのですが、こちらのシャンプーでかぶれたことは今のところ一度もありません。4日も5日も連続して使うわけではないので、赤ちゃんでなければそれほど神経質にならなくても良いのかも知れませんね。

香りは結構きつ目です。

成分の3番目に「セイヨウノコギリソウエキス」が書かれているので多分その香りなんだと思います。

セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウエキスはヤロウの名前として知られている様々な効用のあるハーブですが、甘くスパイシーな香りが特徴と言われています。

そう言われれば、そんな気もしなくはありません。髪や頭皮が汚れると臭いも出るのでそれを抑えているんでしょうね。まぁ、香水みたいなものかな??

息子はこの香りがあまり好きではないようで、このドライシャンプーを見ると

 

息子
え~、これ苦手な臭いやねんけど

 

といつも言っています。

 

ゆうゆう
苦手でも仕方ないやろ、やるでっ!

 

といつも半ば強引に私にシャンプーされるんですけどね(笑)

香りは苦手でも、清涼感があるのは気持ちが良いらしく、かなりスッキリさせることが出来ます。

私も風邪で頭を洗わない時に使いますが、タオルを濡らしてふき取るよりずっとサッパリとしますよ。

 

ゆうゆう的まとめ

風邪を引いた時や災害時などのお風呂に入れない時に『水のいらないシャンプー』があると便利だと思います。

我が家は発熱時用と防災用の2本常備しています。

風邪をひいた時や災害時に少しでも体を清潔に保てると、それだけで気持ちがリフレッシュできます。

ドライシャンプーは普通の薬局でも買えますし、ネットでももちろん買えますよ。

備えあれば憂いなし。

高いものでもないので、1本家にあると安心できるのでおすすめです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事