pickup

地中海村に入ったところ

リニューアルしたばかりの三重県『志摩地中海村』に家族で宿泊しました。

1日目はヴィラスイート、2日目はデラックスツインに泊まったのでお部屋やアメニティー、スパの様子など出来るだけ詳しくご紹介したいと思います。

志摩地中海村は2018年3月16日にリニューアルしたばかりなので、かなり新しい情報です。(2018年4月9日現在)

皆さまの旅のご参考になれば嬉しいです。

 

地中海村のフロント(受付)

地中海村入口に入って右手に受付があります。レンガ色の建物が雰囲気があって素敵です。

フロントの入り口

 

宿泊客専用の待合室があり、チェックイン手続きの間もゆったりと椅子に腰かけて待つことが出来ました。

宿泊者専用の待合場所

 

スポンサーリンク

1日目「地中海村ヴィラスイート」の部屋の様子

ヴィラ(別荘)タイプのお部屋に泊まりました。120㎡もあったので、今まで泊まった中で一番広かったかも。

ヴィラタイプの部屋の家のような外観

地中海村はもともと会員制の集合別荘地として作られているので、長期滞在者用にキッチンやダイニング、独立した寝室などがありました。

 

ヴィラスイート1階室内の様子

《キッチン、ダイニング、ソファ、テレビ、暖炉、トイレ》

私達が泊まった部屋の1階床はレンガタイプ。入室した時に子供たちがフリーズしていました(笑)

1階リビング部分でテレビやソファがある

 

息子
部屋やのに、何で床が石なん!?

 

靴脱がれへんやん

 

と欧米スタイルに不満タラタラ。靴を脱いでリラックスしたかったようです。

室内用のスリッパ

入口にサンダルがあったのでそれに履き替えて室内で過ごすようになっていましたが、子供用はありませんでした。

 

【キッチン】

キッチンにあったカップやグラス

キッチンの備品はカップやグラス、缶オープナー、ケーキサーバーのみ。他の食器類やナイフ等はありません。冷蔵庫は冷凍庫もあり。中に人数分の水が入っていました。

コーヒーメーカーとポットもあり、UCCのコーヒーとお茶が飲めるようになっていました。

お部屋には茶菓子としてクッキーが。障がい者支援施設のお菓子だったのですが、素朴で、優しい味がしましたよ。

部屋にあったクッキー

 

ダイニングテーブルもあって夫が夜ここで仕事してました~。寝室と完全に分かれていたので「仕事しやすかった」と言ってました。

ダイニングテーブル

 

ソファ前の本物の暖炉。素敵だけど使えないので見るだけ(ちょっと寂しい)。

本物の暖炉

 

部屋の窓を開けると村内が見えます。

時間によっては日帰りの人達が道を歩いているのが見えるのでメチャクチャ変な感じがしますよ~。でも、それが面白かったりする。

窓をあけると通行人がみえることも

 

 

ヴィラスイート地階の様子

《ベッド、バス、トイレ、ソファ、テレビ》

地下へつづく長い階段
部屋に入ってすぐの階段を降りると寝室のある地下室に。結構階段数があります。冬場はかなり寒いと思いました(冷え性の私)。

 

大きなベッド

地下室には絨毯がひかれていました。子供たちは大喜びで靴を脱いで走り走る。子供って、ちょっと広い場所があると何で走るんだろ?(笑)

今回大人2名、小学生の子供1名、未就学児1名で予約したので、ベッド2台にエキストラベッド1台を付けて頂きました。皆で一緒に寝たかったので、自分達でせっせと3台のベッドをドッキング。

反対側の端に寝た夫が見えないくらい広いベッドができ、壁一面ベッドでした。最高。

 

お風呂場の様子

お風呂は写真では分かりにくいですが、結構古いのでお風呂はすぐ傍にあるスパエリア「アルハンブラ」の利用をおすすめします。

洗面台は子供には少し高い場所にあってので使用済みのタオルを入れるバスケット台を子供に使わせました。踏み台ではないので利用中は手で支えてました。(お母さんは心配性)

また、洗面所の調子がたまたま悪かったのか(?)お湯が出ず。3分位お水を出し続けるも断念(もったいない)。寒い時期だと厳しいかも知れません。

 

タイル張りのトイレ

トイレは1階よりも地階の方がタイルがあって綺麗でした。ただ締め切ると暖房がないので寒い!

使用していない時は寝室とのドアを少し開けて、暖房の風を入れる様にして使うと良いかも知れませんよ。

 

ヴィラスイートの感想

地階まで行ったり来たりしないといけないので、小さな子供がいたり足が悪かったりするとちょっと大変です。

昔からある「歴史あるお部屋」と言った感じで古いですが、とにかく広い

リビングと寝室が完全に独立したタイプを好む場合はおすすめです。

窓の鍵やドアの取っ手など古めかしく、雰囲気がありますよ!

古めかしい扉

 

スポンサーリンク

2日目「地中海村デラックスツイン」の部屋の様子

デラックスツインの外観

デラックスツインは新しく2018年3月に出来たミコノルカゾーンにあります。私達が泊まったのは、レストラン『AZUL(アスール)』の2階にある部屋でした。

アズール2階の部屋

部屋の広さは45㎡と1日目のヴィラスイートに比べると随分狭くなりましたが、階段の上り下りもなく設備も新して快適でした。

コーヒーメーカーや食器類等はヴィラスイートと同じ。

コンパクトな食器棚

冷蔵庫はテレビ台の下でワンボックスの物でした。

洗面台も広くて快適。

広くて見やすい洗面台

ただ鏡がこの洗面台と、部屋の姿見しかなかったのでお化粧がしにくかった。鏡までの距離があり過ぎてちゃんとメイクできてるのかが不安で(笑)。

ヴィラスイートの様に拡大鏡があったり手鏡なんかがあれば言うことないのになぁ、と。

デラックスツインで一番良かったのはバルコニーがあったことでしょうか。眼下に英虞湾が望めて最高の景色でしたよ。

窓からみた景色

ここでテイクアウトしたドリンクを飲んだりしたら最高でしょうね~。お風呂の窓からも同様の景色を楽しめますよ!

うちの子供たちは完全に使い方間違ってる(笑)

ポーズをきめる息子

 

出入口近くの窓からの眺めも素敵でしたよ~。

窓から見た地中海村

 

デラックスツインの感想

出来たばかりの施設なのでとても綺麗です。

設備も新しくて快適に過ごすことが出来ました。特にバルコニーが素敵。

小さな子供がいると、子供だけを部屋に残して夫婦でお酒を飲みに行ったり出来ないので、季節の良い時などはこのバルコニーで子供たちが寝た後に2人でお酒を飲んだりして過ごせそうだなぁ~、と思いました。

旅行中はいつも寝落ちするんですが・・・。

スパが少し遠くなりますが、個人的にはデラックスツインの方が使いやすくて良かったです。

 

志摩地中海村のアメニティ(備品)

コットンや綿棒、シャワーキャップ、ボディータオル、歯ブラシ、ブラシ、レザーの基本的な物がありました。子供用にはハンドタオルと歯ブラシが。「イセシマトバ」のイラストが可愛いタオル付き♡

大人と子供のアメニティ

 

クレンジングはDHCのオリーブオイル、シャンプー、コンディショナー、シャワージェルはロクシタンでした。めちゃ良い香り♪

ロクシタンのアメニティ

 

パジャマはフリース素材で男性がベージュ、女性は紺色。(逆かと思った)

ホテルへの事前の問い合わせで「子供用のパジャマはない」と聞いていましたが部屋には浴衣がありました。小2の息子には大き過ぎたので、結局は用意してきたパジャマを着せましたがご参考までに。

大人用と子供用のパジャマ

 

 

スパ(お風呂)『アルハンブラ』

スパアルハンブラ

新しく出来たスパ(お風呂)エリアです。

宿泊客専用エリアにあります。と言ってもエリア内に入ろうと思えば入れるのでお風呂には専用パスワードを入力して入ります。(パスワードは定期的に変更)

パスワード入力タイプ

 

中の待合室はエスニックな雰囲気で素敵でした。テーブル上の銀色のポットや入れ物は飾りで空っぽ。娘が「中にお菓子が入ってるかも」と見てました(笑)

休憩場所

脱衣所はそれほど広くなかったですが、貸し切り状態だったので広々使えました。

アメニティはヘアブラシやコットン、綿棒、ポーラのクレンジングと化粧水、乳液があり、飲み水やタオルもあったので、着替えだけ持って来れば大丈夫ですよ。

f:id:nyuuko:20180407204406j:plain
f:id:nyuuko:20180407204419j:plain

 

浴室です。誰もいなかったので写真を撮りましたがちょっとドキドキ。

エスニックなお風呂

モザイクのタイルが異国情緒を感じます。温泉には珍しくお湯がぬるめ。娘には丁度良かったようですが冷え性の私はちょっと寒かった。

あと、お部屋もそうでしたが、シャワーの蛇口がお水とお湯に分かれており、どちらもひねってお湯加減を調整しないといけません。海外からの輸入蛇口のためお水とお湯の色分けもなく、最初に見た時は

ゆうゆう
えっ!?どっち!?

と戸惑ってしまいました。(壁に日本語で説明があるんだけど)

ヨーロッパはこの形式の蛇口がほとんどですが、日本の「ひねったら丁度良いお湯が直ぐに出てくる」のに慣れている私は、子供づれの使用でかなりハードルが高かったです。

一方露天風呂はおススメ!一面に広がる英虞湾を見ながらの入浴は最高ですよ♪

ただ、英虞湾を通っている船を何艘か見かけ、

ゆうゆう
これ、望遠鏡あったら見えるんちゃう??

 

と心配性の私は思ってしまいました。

露天風呂。素敵ですがちょっぴりご注意あれ。

 

 地中海村宿泊者の特典

宿泊者特典
  1. 送迎バス
  2. 入村料免除
  3. 村内を全てまわれる
  4. スパ(お風呂)の利用
  5. 朝晩のレストラン利用
  6. 屋外プール利用(夏季限定)

 

【1】送迎バスがある

今回私達は電車を利用したのですが、最寄駅の近鉄「鵜方駅」まで送迎してくれます。宿泊者優先なので電車で来ても安心でした。

 

 

【2】入村料の免除

通常500円かかる入村料が無料になります。

 

【3】村内を全てまわれる

宿泊者専用エリアの標識

地中海村は元々宿泊者施設のためエリア内には「これより宿泊者のみ」と言う看板があちこちにあります。

でも、宿泊者なら全ての村内エリアを歩くことが出来るので美しい街並みを堪能することが出来ますよ~。

また夜10時から20分程の間には外の照明が全て消され、満天の星空を楽しめるようになっています。もちろん夜も自由に村内も歩けるのでその時間に外に出ると別世界!カップルならロマンチックな夜を過ごせそうです。私は、寝落ちやけど。

 

【4】スパ(お風呂)の利用

宿泊者しか利用出来ないのでゆったりと入れます。アラビックスタイルの天然温泉で異国情緒たっぷりです。

 

【5】朝晩のレストラン利用

レストランアズール

『レストランリアス』と『タベルナアスール』のレストランの朝晩の営業時間は日帰りの入村時間外です。日帰りで利用する場合は必ず予約が必要になって来ます。

 

【6】屋外プールの利用

夏季期間のみ屋外プールが営業されていて利用は宿泊者のみ。英虞湾を眺めながらプール遊びだなんて贅沢ですよね~。

その他にも駐車場が近かったり、宿泊者専用サロンの「黄金の酒場」があったりと、宿泊者向けに色んな特典があります。

とにかくこの街並みを独り占め(ではないけど)出来るので最高ですよ!

 

ゆうゆう的まとめ

リニューアルされたばかりの地中海村、いかがでしたか?

村内は張りぼてではなく本格的で素敵です。

最近はインスタ映えすることから人気スポットになっている様ですが、宿泊者のみ利用できる施設が結構あるので機会があればぜひ宿泊して欲しいと思います。

スタッフの方々もプロ意識の高い人が多く、気持ちよく過ごせました。私達は滞在中に急に部屋を変えて貰ったのですが、気持ちよく対応して頂けました。感謝しています。

地中海村では家族に嬉しい子供の宿泊費無料の「家族応援プラン」やルームパーティーセット(おかし)のある「女子会プラン」やハートラベルのワイン付きの「カップルプラン」なんかもあるので、ぜひ地中海村の宿泊プラン をチェックして見てくださいね。

普通のホテルや旅館とは違って、とっても面白いですよ。

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事