pickup

オーストラリアビザETAS取得の案内

オーストラリアの電子ビザETAS(イータス)を代理会社で申請、取得しました!

ETASはオーストラリアに入国する際に、必ず必要なもの。

オーストラリア移民局、旅行会社、代理会社で申請出来ますが、どこで申請するかによって、かなり値段が違って来るのでよ~く調べてから申請して下さいね!

私はJALの関連会社、JALエービーシーで1人1,000円弱で取得しました。

色んな代行会社がありますが大体申請の流れは同じだと思うので、今回私が申請したJALエービーシーでの流れを見ながら紹介したいと思います。

皆さんの、ETAS(イータス)取得の参考にして頂ければ嬉しいです。

 

代行会社での申請の流れ

代行会社で申請する場合の流れは次のとおり。とっても簡単です。

 

ETAS申請の流れ
  1. 会員登録
  2. ETAS申請申込
  3. 登録申込者、旅券情報、渡航者情報を入力
  4. クレジット支払い
  5. 完了

 

スポンサーリンク

申請に必要な物

 

申請に必要なもの
  • パスポート
  • クレジットカード

申請する時にはパスポート内容を入力するので必ずパスポートが必要です。

申請者全員のパスポートを手元に置いてから申請して下さいね!

 

スポンサーリンク

代理申請(JALエービーシー)での手順

 会員登録をする

 

① HPから右上「申し込み」をクリック

JALエービーシのHPより

 

②「新規会員登録」をクリック

会員登録をクリック

 

③申込する人の名前や住所等、基本情報を登録します。私は私の名前で登録しました。

申請者の名前を登録

 

ETAS申請入力方法

会員登録後、いよいよETAS申請です。

TOPページの中ほどに、オーストラリアビザ申請代行を選択する画面があるのでクリック。

ETAS申請画面

 

Web申し込みをクリック。

ETASWEB申込をクリック

通常972円ですが、出発前直前(出発3日前~直前)でも3,800円支払えば手続きしてくれるようです。直前がどれくらい直前なのか無茶苦茶気になる私・・・。

 

【STEP1】申込者情報を入力していきます。

途中「ビザの種類」を選択する箇所がありますが、観光の場合は観光を選んで下さいね。

申込情報を記入する画面

 

【STEP2】連絡用のパソコンメールアドレスの入力をします。

送付先情報を記入する画面

 

【STEP3】登録申込者と旅券情報、渡航者情報を入力します。この画面で複数人登録出来ますよ。

渡航者情報を記入する画面

 

旅券情報記入欄の下の方に「旅券発行官庁」欄がありますが、例に書かれている通り「MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS」(外務省)と記入して下さい。

旅券発行官庁の記入画面

 

【STEP4】全て入力し終わったら、料金の支払いです。カード情報を入力。

支払い画面

 

これで申請は完了!

申請完了画面

 

後で申し込み情報を確認する事でも出来ますよ!

 

申請後の申し込み照会画面

 

自分の入力が本当に間違ってないか、ちゃんと後で確認することが出来ます。注意して入力しましたが、私は念のためここでも確認しました。

 

 

ゆうゆう的まとめ

今回初めてETASを代行会社を使って申請しました。

本当に申請完了しているのか不安でしたが、取得連絡時にETAGrant Number(認可番号)が教えて貰えたので、後で直接オーストラリア移民局HPからETAS取得を確認する事が出来ました。

これで、絶対大丈夫!!

色んな代行会社があり、選択に迷ったり不安に感じたりするかと思いますが、個人旅行の場合は代理会社で申請するのが主流のようです。

何せ安いし、早い。

この記事がオーストラリアビザ、ETAS(イータス)を代行会社で申請しようと考えている方の役に立てると嬉しいです♪

楽しい旅行になりますように!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事