pickup

鞄にいれたエコバック

できるだけレジ袋を貰わないようにしています。

レジ袋をもらわないためには、いつ、なん時でもエコバッグを鞄の中に入れておくのが大事。

もう「財布持ったらエコバッグ」くらいな感じ。

それまで「取り合えず家にあった袋」を使っていたのですが、最近いつも持ち歩くので「自分のためのエコバッグ」を作るコトにしました。

私、本当のホントーに手芸が苦手なんです。直線縫いしかほぼできない(笑)。

なので、当然エコバッグもただただ直線に縫うだけ。

とても簡単なので興味があればぜひともお試しくださいね。

 

スポンサーリンク

簡単エコバッグの作り方

エコバック作りの材料
  • 50㎝×100㎝幅の布
  • ミシン糸

 

横幅30㎝、縦38㎝、マチ部分8㎝のバッグができます。

でき上がりエコバックの大きさをノートと比較

 

【準備】

洗うと縮んでしまうコトがあるので縫う前に一度、布を水で洗っておいてくださいね。

 

 図面の通りに生地を裁断する。(縫い代は1㎝で込みの寸法です)

布の裁断

 

 周囲にジグザグミシンをかける。

 

 持ち手を作る。中表に生地を合わせ、1㎝の縫い代で縫い合わせる。

持ち手を縫う

 

 表に返し、縫い代部分が中心になるようにアイロンをかけてから周辺1、2ミリをグルリとミシンをかける。

持ち手のフチをミシン掛け

 

持ち手完了!

でき上がった持ち手部分

 

 本体部分を縫う。中表にし、横と底を1㎝の縫い代で縫い合わせる。

本体を縫う

 

 本体の口部分を縫う。

縫い代1㎝を折り込み、

本体の口を縫う

 

3㎝箇所でもう一度織り込んでアイロンをかける。

3㎝の場所でもう一度縫う

 

 

 持ち手を本体口部分に挟み、ミシンをかける。

持ち手を織り込んで縫う

 

 

 袋の底のマチ部分を8㎝で縫う。

底のマチ部分を縫う

 

 

表に返してでき上がり!

エコバック完成

 

たたむと4つ折りしたハンドタオルほどの大きさになり、コンパクトに収納できます♪

エコバックを畳んでタオルハンカチと比較

 

ゆうゆう的まとめ

エコバッグの作り方、いかがでしたか?

月並みですが、子供たちの未来や動物たちのコト、海に住む生き物や緑豊かな森林。

色々思います。

大きなコトは、できないかも知れません。

でも、ちょっとした習慣を変えるコトなら、簡単に、直ぐに実行できるかと思います。

そして、お気に入りのエコバッグなら楽しむコトだってできちゃう。

習うより慣れろ

皆さまも、ぜひぜひエコバッグを持ってお出かけ下さいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事