「青いナポリ」の外観

天王寺「てんしば」にあるイタリアン「青いナポリ」でランチを食べてきました。

テラス席が多いので、赤ちゃんなど小さな子供連れでも抜群に入りやすいのでおすすめです。

また、テイクアウトにも力を入れており、芝生の上や天王寺動物園の中でも食べるコトができますよ~。

それでは今日は、てんしばの「青いナポリ」、はり切っていってみましょう!

 

スポンサーリンク

「青いナポリ」ってこんなお店

てんしば=天王寺公園にある「青いナポリ」は、東京の小石川にあるイタリアンの姉妹店。

テラス席がたくさんある開放的なお店で、本格的な薪窯で作られるピザが美味しいと評判のお店です。

以前「てんしば」へ遊びにいったときにランチしようとしたら満席で入れず、気になっていました。今回リベンジです!

 

「青いナポリ」のアクセス方法

天王寺の駅からすぐの「てんしば」内にあります。

 

最寄駅
  • JR「天王寺駅」
  • 近鉄「大阪阿部野橋駅」
  • 地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺」駅
  • 阪堺上町線「天王寺駅前駅」

 

どの駅からも歩いて行ける距離なので、アクセス抜群。

JRを利用した私たちは5分ほどで到着しました。お店は「てんしば」のエントランス入ってすぐ左手にあります。

 

子連れチェックポイント

大きなテーブルもあるので、グループでも食事できます。

ランチタイムは子連れ率が非常に高く、店内にはベビーカーのまま入ることもできます。

テラス席が多く、しかも外は「てんしば」なので赤ちゃんが大泣きしてもすぐに公園であやすことができて安心。とってもオープンなスペースなので、気が楽です。

 

スポンサーリンク

お店の様子

テラス席も多く、開放的な雰囲気がお店の魅力です。

外観

「青いナポリ」の外観

写真の奥に見えてる高い建物が「あべのハルカス」。

天王寺のど真ん中なのに、緑がたくさん目に入って癒されます。

 

店内の様子

お店は2階建てで、1階と吹き抜けに。

外から見た感じよりかなり広く、カウンター席やローソファー席のほか、テラス席だけでも110席あります。

テラス席の様子

私たちはお天気がよかったのでテラス席にしました。

テラス席だとバーベキューもできるんですよ~。(3日前までに要予約)

食材もグリルも片付けもぜ~んぶお店まかせ!

楽しそう~

 

スポンサーリンク

料理

メニュー

ランチメニューはスープやフォカッチャがついてくる「パスタランチ」や薪窯で作る「ピザランチ」、「キッズプレート」などがあります。

セットメニュー

ランチセット
  • パスタセット(スープ、フォカッチャつき):1,050円
  • 生パスタセット(スープ、フォカッチャつき):1,150円
  • ビッツァマルゲリータセット(スープつき):1,050円
  • ステーキセット(スープ、フォカッチャ、ライスつき):1,480円
  • キッズプレート(ハンバーグ、スープ、ソーセージ、ポテト、パン、デザート):700円

そのほかにもポテトやアヒージョなどの単品メニューやジェラートやケーキなんかのデザートもありますよ~。(詳しいメニューをみる)

 

注文したのはコレ

大人2人と小学生の子供2人で、パスタランチ2つとピザランチ、単品の旬野菜のサラダとポテト、これにドリンクをオーダーしました。

 

夫が全くお腹空いてなかったので、まさかの「サラダのみ」。

ゆうゆう
年ごろの女子か!?

 

こちらが夫のたのんだ旬野菜のサラダ。

単品の旬野菜のサラダ

半熟卵が美味しそう~!ハムやたっぷりのチーズのほかにレンコンなど入っていました。

 

スープです。色が鮮やか!

セットのスープ

 

こちらはフォカッチャ。ホカホカ。

フォカッチャ

 

私の生パスタ。生ハムミンチと小カブのラグー。平たいパスタが美味しい~

生パスタ

 

娘、大好きカルボナーラ。 お行儀悪く、ベーコンばかりのこして最後に一気食べしてました。(笑)

娘のカルボナーラ

 

こちらは息子の石窯ピザ。

石窯ピザ

思っていたより大きく、テーブルに持ってきてもらったときに

 

ゆうゆう
コレ、1人で食べれる!?

と言う微妙な空気が家族の間で流れましたが、ほぼ1人で食べました。

 

ゆうゆう的まとめ

天王寺の人気エリアにあるため、週末は沢山の人でにぎわいます。

私たちは開店の11時と同時に入りましたがお昼の12時には列ができていました。

とくに人気だったのがテイクアウト。受け取ったピザなどを芝生広場で食べてる人がかなりいて、ピクニックみたいで楽しそうでした。

事前予約しておけばスムーズに引き取りできますよ。

てんしばでランチを探しているなら、「青いナポリ」を一度チェックしてみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事