オーボンヴュータンの焼菓子

オーボンヴュータンのプティフールサレをいただきました。

日本のフランス菓子の重鎮、河田勝彦さんが作るお菓子です。

とてもシンプルなお菓子でしたが、食べだすととまらない(笑)。

今日はそんなフランス菓子の名店、オーボンヴュータンのプティフールサレをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

オーボンヴュータンのお菓子が買える場所

本店は世田谷区の尾山台ですが、東京駅から徒歩5分ほどの日本橋高島屋店の本館地下1階にもあります。

東京駅から近くにあると買いやすいですよね。

通販もされていて、お店に直接電話やファックスで注文できますよ!

そのほか、時期によっては高島屋のオンラインストアでも買えたり、ヤフーでも買うことができます。

 

スポンサーリンク

プティフールサレってこんなお菓子

フランス語で

  • プティは「小さい」
  • フールは「窯」
  • サレは「塩っぽい」

という意味。

なので「プティフールサレ」はしょっぱい小さな焼き菓子という意味になります。

全く知らなかった私は食後のデザートに食べ、塩味でびっくり!

見た目パイなので、すっかり甘いものと思って口にいれたから(笑)。

四角い缶の中には、グリュイエールチーズと黒ごま、白ごまの3種類のパイがお行儀よく並んでいます。

3種類のプティフールサレ

手でつまんで食べやすいスティック状ですが、ごまがこれでもかっ!というほどついているのでポロポロめちゃくちゃ落ちます(笑)。

だって表だけでなく、裏にもついてるんですよ~。

裏表にごまがぎっしり

パイはもちろんサックサク。

材料は小麦粉、バター、牛乳、ゴマ、チーズ、砂糖、塩、卵だけ。

とってもシンプルなお菓子です。

 

スイーツと認識してはいけない

小さなお菓子のプティフールサレですが、スイーツとして食べると「ちょっと違うかも」と思うかも知れません。

だって、味がしょっぱいから。

基本的に「スイーツ=甘いもの」なので、どちらかというと「おやつ」や「おつまみ」といった感覚なんだと思います。

子供の3時のおやつや、職場でちょっとお腹が空いたときなどに気軽につまめるおやつ。

ワインなどと一緒に食べるおつまみ。

食べた印象は、そんな感じ。

食後のデザートとして出すと、お菓子本来のよさが半減してしまうと思います。(←やって失敗:笑)

なので、プティフールサレは「おやつ」「おつまみ」として楽しんでくださいね!

とまらなくなりますよ~(笑)。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

また一つ素敵なお店を知って、嬉しくなりました。

オーボンヴュータンの本店ではランチなどもあったり、デリなども充実しているそう。

近ければ行ってみたいけど、私が住んでるのは大阪。

東京土産でヨシとします(笑)。

東京駅から近い高島屋に入っているので、機会があればぜひ足を運んでくださいね!めちゃくちゃ美味しそうなフランス菓子がありますよ~

オーナーの河田さんはたくさんのお菓子の本も出されています。

本格的な本が多いですが、河田さんのお菓子に対する姿勢を垣間見ることができますよ。

気になった方はご覧になってくださいね。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事