不動口館の室内

泉佐野市にある犬鳴温泉「不動口館」に子供たちと宿泊しました。

犬鳴温泉は南大阪では有名で、私もこれまで何度か友人たちと日帰り温泉を楽しんだことがあります。

ハイキングができる犬鳴山がすぐそばにあり、夏には蛍も見れる自然豊かな温泉地なので自然が好きな人や家族連れにおすすめですよ。

それでは今日は、犬鳴温泉「不動口館」の宿泊レポート、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

犬鳴温泉「不動口館」について

「犬鳴山バス停」すぐそばにある小さな旅館です。

 

不動口館の外観

部屋数はたったの11部屋。

 

到着時に宿を見た娘が、

 

えっ!ここに泊まるん!?小さすぎるやん

と目を見開いていました。(笑)

 

実は外から見えているのは4階のロビーと5階の宴会場部分だけ。

河側に面して1階から3階の客室があり、中は意外と広いんですよ!

 

「不動口館」の基本情報
  • 住所:大阪府泉佐野市大木7番地 
  • 電話:072-459-7326
  • 駐車場:30台
  • その他:送迎バスあり

「不動口館」の無料送迎バス

最寄り駅から不動口館まで無料の送迎バスがでています。

 

不動口館無料送迎バスの時間
日帰りランチプラン 日帰り夕食プラン 宿泊者
南海泉佐野駅発 10時30分 15時30分 15時30分
JR日根野駅発 10時45分 15時45分 15時45分
不動口館発 14時30分 20時(5名以上) 10時(翌朝)

人数制限などもあるので利用する場合は電話(072-459-7326)で必ず予約してくださいね。

 

「不動口館」の駐車場

宿の隣に10台、道を挟んだ山側にも駐車場があります。

不動口館の駐車場

広い道沿いなので駐車場に入りやすく、万年初心者マークの私でも大丈夫でした。

 

「不動口館」のロビーや土産物屋さん

小さいながら飲み物が飲めるロビーやお土産物屋さんもあります。

 

「不動口館」のロビーの様子

コーヒーやオレンジジュース(450円)や、ビール(770円)などがありました。

 

「不動口館」の土産物

お土産物は食べ物がほとんどでしたが、ちょっとした手作りマスクやキーホルダーなどもあり。

 

スポンサーリンク

「不動口館」露天風呂付客室

私たちが泊まった露天風呂付客室です。

 

不動口館の露天風呂付客室

なんと、ベッドが壁面収納されているのでベッドでも寝ることができます。

ただ、私たちは普通に畳の上で寝ました。(笑)

 

お茶やコーヒー、お水などもたくさん用意されていて安心。(コーヒー2パックは少ない)

お茶やコーヒーなど

 

洗面所。

不動口館の洗面所

 

アメニティ。

不動口館のアメニティ

 

子ども用のものはスリッパや歯ブラシ、ボディースポンジがありました。

「不動口館」の子供用のアメニティ

 

女性は身長が145㎝以上あれば色浴衣を選ぶことができますよ。たくさん種類があってメチャ嬉しい!

「不動口館」では沢山の種類の浴衣の中からえらべる

 

子供用の浴衣です。

「不動口館」の子ども用のゆかた

水玉の絣模様で可愛かったのですが、娘は「貧乏人の服みたいで嫌や」と言ってました。(笑) 私の色浴衣を見たあとだったのでギャップが大きかったかな?

 

お手洗いはバリアフリートイレでした。

不動口館のトイレ

入り口が広く、扉が忍者屋敷みたいな扉で子供たちが大喜び! 露天風呂よりもインパクトあったみたいです。(笑)

 

部屋にある露天風呂です。

室内の露天風呂の様子

24時間、好きなときに入ることができてメチャ贅沢!

 

お風呂の前にはベンチもあり、ゆっくりと外の景色を見ながら入れます。

洗い場

ただ、12月は寒かった!

露天風呂なんで窓がないんです。(網戸はある)

それでも「折角だから入りたい!」と言った私に、夫も子供たちも「寒いから風邪ひくで。やめとき」と言われました。

トホホ。

仕方ないので足湯だけ根性で楽しみました。

 

「不動口館」の食事

夜の食事は特選料理「雪華会席」。

不動口館の特選料理

どれも美味しかったですが、ご飯のカニ飯は塩辛く感じました。

 

泉佐野市は漁港もあるので魚の鮮度は抜群。

新鮮なお刺身

 

犬鳴ポークのお鍋もメチャ美味しい~!

犬鳴ポーク

カニと和牛と犬鳴ポークの中から選べたんですが「せっかく犬鳴山にきたのだから」とポークを頼みました。

 

夫は日本酒3種の飲み比べ。

日本酒3種飲み比べ

お酒は泉佐野の蔵元「北庄司酒造店」のもの。地元のものが飲めるなんて楽しい!

 

10歳の息子の「お子様会席」です。

10歳の息子の食事

天ぷらやお刺身などかなりのボリューム。好きなものばかりで最後のほうは畳に倒れこみながら食べてました。(笑)

 

8歳の娘は「お子様ランチ」。(ランチちゃうけど)

お子様ランチ

エビフライやオムライスなど子供が好きそうなメニューです。ハンバーグが美味しくて喜んでました!

 

子供のデザートはプリン。市販のもののようでしたが子供たちは美味しかったよう。

子供のデザート

 

スポンサーリンク

「不動口館」の朝食

5階の宴会場「花八喜」で朝食をいただきました。

不動口館の宴会場「花八喜」

緑が目に入ってきて気持ちがいい!

 

大人用の朝食です。

不動口館の大人用の朝食

これに納豆、ヨーグルトをプラスできます。

どう考えても普段の朝食より多いですが、コレがなぜかお腹に全て入るんだなぁ・・・。ペロリでした。

 

子供の朝ごはん。

不動口館の子ども用の朝食

お味噌汁やご飯は大人と一緒でした。もちろんヨーグルトや納豆も食べれましたよ!

 

お給仕してくれる女性の方がニコニコ朗らかな方で、朝から元気をいただけました。

味も雰囲気もよかったのですが、食後のコーヒーや紅茶があれば嬉しかったなぁ。

 

あと、朝食を終えて部屋にもどったら布団をしまってくれていたのですがテーブルがない!

小さな丸テーブルだけでは心もとなく、テーブルを出してもらいました。

ゆうゆう
テーブルは、いると思う

 

犬鳴温泉「美人の湯」

犬鳴山の天然温泉は「美人の湯」と言われていて、お肌がツルツルになることで有名。

あやかりたい・・・。

 

不動口館の温泉

小さな宿なのでお風呂も特別大きくはないですが、河に面してるので緑をたっぷり見ることができて開放的で気持ちがよかったです。

 

「不動口館」お風呂の詳細
  • ロッカー:11個
  • 脱衣所の籠:15個
  • ドライヤー:4個
  • 備品:化粧水、乳液、綿棒、櫛
  • 洗い場:6か所

 

タオルはお風呂場にないので部屋から持参しました。

部屋のタオル

 

お風呂は2階、露天風呂は1階にあります。

露天風呂に入るには2階の浴室から出て外にある階段で1階まで降りて行かなくてはならず、冬場はメチャ寒い・・・。

死ぬかと思いました。(笑)

露天風呂に入ったあとはスッカリ体がぬくもり、気持ちがよかったです。

冬場は「行き」頑張ってください。年配の人は冬はキビシイです。

 

「不動口館」の貸切風呂

不動口館では貸切風呂もあるので、家族やカップルでゆ~っくりと入れますよ。

 

「不動口館」貸切風呂について
【利用時間】
11:30~12:30
13:30~14:30
16:00~17:00
17:30~18:30
19:00~20:00
【料金】3,500円/60分

 

貸切風呂は宿泊者か日帰りプラン利用者のみ入ることができます。貸切風呂を利用したい場合は必ず事前に予約しておいてくださいね!

 

日帰り温泉

犬鳴温泉は日帰りでも楽しむことができます。(週末・繁忙期の15時~18時は不可)

 

日帰り温泉の料金など
  • 入浴料:大人800円、子供400円(3歳未満無料)
  • 時間:11:00~21:00
  • フェイスタオル:100円(販売)
  • バスタオル:200円(レンタル)

 

犬鳴山へハイキングへ行った帰りや、バーベキューなどを楽しんだあとにぜひ入って帰ってくださいね~。

 

ゆうゆう的まとめ

犬鳴山といったら「不動口館」と言われるほど有名な宿ですが、とてもノンビリと過ごすことができました。

私は今まで日帰り温泉に入ったことがあるんですが、泊るとまた違った印象!

食事が美味しかったので、ぜひ食事をして帰って欲しい。(と食いしん坊は思う)

自分の住んでる府内で宿泊し、ものすご~くゆっくりできて贅沢気分を味わえました。

ハイキングできる犬鳴山は目の前で関空やりんくうタウンにも近く、車で10分ほどの場所に無料の遊び場「永楽ゆめの森公園」もあるので子供連れでも大満足!

ぜひとも「不動口館」でリフレッシュしてきてくださいね~。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード