ハウステンボス家族旅行3泊4日の1日目の詳しいスケジュールです。

2021年から増えたアトラクションなどの待ち時間などもご紹介していますので参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

1日目に遊んだアトラクション

大阪から7時台の飛行機を利用したため、ハウステンボスに11時過ぎ頃から遊ぶことができました。

 

遊んだアトラクションと体験
  • 「The Maze」(迷路)
  • 「恐竜の森」(トライアルゲーム)
  • 「ドラゴンワールドツアー」(VRメリーゴーランド)
  • 「観覧車」
  • ベネチアングラス作り(体験)
  • 木靴作り(体験)
  • イルミネーション鑑賞

 

朝4時半起きだったので、眠くてしかたなかった私。

チェックインの3時にホテルに戻って休憩(という名の昼寝)したことや、ほぼ昼から園内で遊び始めたこともあり、遊んだアトラクションは4つ。あとはモノづくり体験やイルミネーション鑑賞で終わりました。

ただ朝からの移動もあったため、これでもスゴ~ク遊んだ感じがしました。

イルミネーションも「光の王国」ってネーミングがピッタリのスケールで、コレだけでも十分楽しめるほど素晴らしかったです。

 

ではでは、待ち時間や体験時間などと一緒に1つずつ詳しくご紹介しますね!

入ってすぐにティディベア博物館のすぐそばを通るも、子ども達は全く見向きもせず。(笑)

ハウステンボスのテディベアミュージアム前

 

まずは娘に花冠(1,600円)を購入。

ハウステンボスで販売されていた花冠

ハウステンボスではあちこちで花冠が売られており、たくさんの人がかぶっているんですよ~。

「高いしハウステンボス以外で使うコトないよね」と思ったけど、皆つけてて可愛い

娘が欲しそうだったので、買ってあげました。

ハウステンボスで花冠をつけた娘

 

ものスゴ~ク喜んで4日間ずっとつけてたので価値ありましたよ!

テンションあがる~

こういうのは、ケチっちゃダメですね。(いつもはケチる私)

花冠は色んな場所で売られています。

大ぶりなものから小ぶりなもの、華やかなものからナチュラルなものまであるので、好みの花冠を探してみて下さいね!

 

「The Maze」(屋外迷路)

まずは入場してから一番近いエリア「アドベンチャーパーク」にある世界最大級の立体迷路「ザ・メイズ」に挑戦しました。

ハウステンボス「The Maze」(ザメイズ)

 

メイズ
  • 場所:アドベンチャーパーク
  • 入場時間:11:35~
  • 待ち時間:無
  • 所要時間:15分

 

迷路内にあるスタンプを集めるんですが、いや~コレね、ムリです。(笑)

所要時間30分でしたが15分くらいでリタイア。

ハウステンボス「The Maze」(ザメイズ)の迷路の様子

 

迷路内はハシゴや隠し扉、ネットなどがあってかなりハード。

ゆうゆう
運動不足の私は翌日筋肉痛になったぁ~!

 

一方通行が多くてスタンプを集められない。(涙)

ハウステンボス「The Maze」(ザメイズ)の中の様子

集めている人は1度出て、再度入って・・・と繰り返して集めてました。

息子と2人、早々にギブアップし、すぐそばにある別アトラクション「恐竜の森」に行きました。

 

「恐竜の森」(トライアルゲーム)

「メイズ」のすぐそばにあります。

ハウステンボス「恐竜の森」の前

 

一定人数集まったら入場するようで、ほとんど待たずにタイミングよく入ることができました。

 

恐竜の森
  • 場所:アドベンチャーパーク
  • 入場時間:12:00~
  • 待ち時間:5分
  • 所要時間:10~15分

 

敷地内で専用デバイスを使ってQRコードを読みこみ、恐竜の骨格コードを集めるゲームなんですが30コード中、正解コードはたったの5つ!

ハウステンボス「恐竜の森」で使う専用デバイス

制限時間が7分しかなくて焦る焦る~。

参加者はみんな走りまくってました。(笑)

なんでも成功率1%なんだそうで、息子も頑張りましたが3つしか正解コードを集めることができず。

とにかく早く1つでも早くコードを読み取るのが成功のコツです。

 

佐世保バーガーランチ

とにかく子ども達が「お腹空きすぎ!」と言うコトで、早く食べれる野外フードコートを利用しました。(12時半)

ハウステンボスのフードコートで佐世保バーガーランチ

ヨーロピアンビレッジという名前のフードコートで「アムステルダムシティ」エリアにあります。

佐世保バーガーやクレープ、ドリンクなどがあって色いろ選べましたよ~。

私たちは佐世保バーガーを買って食べました。

すぐ向かいに大人気の佐世保バーガー「ダム」がありましたが、お昼時だったので長蛇の列。(写真は夕方の様子なので空いてます)

ハウステンボス内の佐世保バーガー店「ダム」

ゆうゆう
注文受けてから作るからユックリなんやって

「ダム」で食べたい場合はお昼の時間をずらして行くことをおすすめします!

 

「ドラゴンワールドツアー」VRメリーゴーランド

ランチ場所のすぐ隣にあったメリーゴーランドです。

ハウステンボスのアトラクションVR「ドラゴンワールドツアー」

 

ドラゴンワールドツアー
  • 場所:アムステルダムシティ
  • 入場時間:13:30~
  • 待ち時間:15分
  • 所要時間:3分?

 

アトラクション前の看板には「30分待ち」とありましたが実際は15分ほどで乗れました!(VRのゴーグル数が限られているので、VRを希望する人が多いと順番が遅くなるよう)

ハウステンボスの「ドラゴンワールドツアー」のVRゴーグル

メリーゴーランドに乗りながらVR映像を楽しめるんですが、目の前に大きなドラゴンがあらわれて子ども達は大喜び!

私は酔う寸前でした~。

酔いやすい人は注意です!

VRを希望しない場合はVRなしで乗れますよ。

 

ベネチアングラス作り

「アムステルダムシティ」にある「カレイド」と言うお店で娘がベネチアングラス作りをしました~。

ハウステンボスでベネチアングラス作り

 

  • 金額:1,300円
  • 所要時間:10分
  • 出来上がり:1時間半後
ベネチアングラス作り

 

作業時間は10分ほどですが、熱して冷やし固めるのに1時間以上必要なので注意してくださいね!

男女2名の店員さんがいましたが、男性店員はほぼ説明なしです。

ゆうゆう
えっ!?どーやって作るんよっ!

と思うほど娘は放置されていました。(涙)

実はこの日に作ったベネチアングラスを紛失しまい、3日目に再度作りに行ったのですが、その時に対応してくださった女性店員さんは作り方をちゃんと説明してくれました。

2人いたら、女性の店員さんに教えてもらってくださいね。

作品自体はとても綺麗に仕上りますし、値段も1,300円とかなりお手頃でいいと思います。

 

木靴作り(貯金箱)

同じく「アムステルダムシティ」にある「オランダの館」で息子が木靴作りを体験しました。

ハウステンボスで木靴貯金箱作り体験

 

  • 金額:1,700円
  • 所要時間:30分?
  • 出来上がり:絵具が渇いたら
木靴貯金箱作り

 

靴はオランダからの輸入品。

貯金箱タイプで1,700円で、ほかにも色々選べます。

自分で色や模様の考えてペイントしていくので息子は楽しかったようです。

ハウステンボスの木靴に色を塗る息子

 

HPでは作業時間が1時間となっていましたが、30分くらいで作れました。

ハウステンボスで木靴貯金箱の色塗りを終えた完成品

 

チーズフォンデュ「チーズワーフ」(2階)

夕食は娘の強~いリクエストでチーズフォンデュを食べに「チーズワーフ」へ5時半ごろ行きました。

ハウステンボスのレストラン「チーズワーフ」のチーズフォンデュ

「アトラクションタウン」内にあり、1階はカジュアルな食事、2階がレストランになっています。

チーズフォンデュは2階のレストランで食べることができますよ。

あまり家でチーズフォンデュもしないし、私もチーズ大好きなので美味しくいただきました。

 

イルミネーション鑑賞

ハウステンボスのイルミネーションがスゴイとは聞いていましたが、本当に凄かった!

ハウステンボスのイルミネーション

 

私は夜景など興味がない人なんですが、圧倒的なスケールでひれ伏しましたね。(笑)

ハウステンボスのイルミネーションチューリップ

コレを見るだけでもハウステンボスへ遊びに行く価値があると思うっ!

 

「白い観覧車」

イルミネーションがあまりにも美しかったので、ハウステンボスの街を見わたせる観覧車にものりました。

ハウステンボスの「白い観覧車」

 

  • 場所:アートガーデン
  • 入場時間:19:00~
  • 待ち時間:15分
  • 所要時間:11分
白い観覧車

 

乗車時間は11分らしいですが、ハウステンボス中ライトアップされた景色を見ているとアッという間でした。

見晴らしが素晴らしいのでおすすめです!

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

1日目は大阪からハウステンボスまでの移動もあって、それほどアトラクションはできませんでしたが、子ども達はハイテンションでした。

とにかく広い敷地内にアレコレあるので見るだけでも楽しいよう。

お花は咲き乱れているし、空は広いし、私も歩いているだけでも楽しかったです。

イルミネーションもいつまででも見ることができるほど素敵でした。

2日目へと続きます。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク