竹取物語のパッケージ

京都の洋菓子店ジュヴァンセルのパウンドケーキ「竹取物語」を食べました。

こちらは和洋ミックスのお菓子で有名なんですが、この竹取物語はジュヴァンセルの代表菓子。

初めて食べましたが開けてビックリ、切ってビックリ。

もう、栗取物語でした。

それでは今日も、食いしん坊ゆうゆうの美味しいものレポ、はり切っていってみましょう!

 

スポンサーリンク

竹取物語は栗取物語

 

竹の皮に包まれたパウンドケーキには栗と黒豆がたっぷり

パウンドケーキのネーミングになっている「竹取物語」。

本物の竹の皮に包まれた、どっしりとしたパウンドケーキです。

これがね、スゴイんです。

なにがって、中に入っている栗と黒豆の量が半端ない!

 

もう切っても切っても栗と黒豆ばっかり。

パウンドケーキを切ったところ

 

普通こういったお菓子はトッピング部分に大きな栗が使われ、生地に入っているのは小ぶりなものが多いですよね?

 

でも、竹取物語は中の栗もでっかい!!

中の栗も大粒

 

でかでか栗がたっぷり入っている中、ギューギューと黒豆が「これでもか!」と詰まっており、その隙間に控えめにパウンド生地がある感じ。

パウンド生地にもマロンペーストが練りこまれており、ネットリ、シットリとした食感です。

 

私、ネットリ系やチューイー系が好きなので一口食べた瞬間

 

ゆうゆう
イケる

 

とツブヤキました。

 

栗はかなりラム酒が効いていましたが、子供(8歳と10歳)が食べても大丈夫でしたよ!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

京都と言えば和菓子が美味しいイメージですが、洋菓子も美味しいお店がたくさんあるんですよ。

ジュヴァンセルは和洋折衷の京洋菓子のお店なので、美味しいとこ取りできるお店です。

こんなに大きな栗がたっぷり入ったパウンドケーキは初めて食べましたが、食べ応えがあって大満足でした。

使われている栗や黒豆などは全て国産。

とっても贅沢なパウンドケーキです。

皆さまも、機会があれば、ぜひとも食べてみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事