ピーカンピーナッツバター(種子島粗糖使用)

とっても美味しいピーナッツバターがあります。

その名は、カンピーのピーナッツバター(種子島産粗糖使用)。

シンプルな原料ながら、つぶつぶのピーナッツと粗糖が入っていて食感が最高なんです。

今日は、子どもたちも大好きなカンピーのピーナツバターを熱く語りたいと思います。

それでは、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

カンピーピーナッツバター(種子島産粗糖使用)

「カンピー」が2018年3月から新しく出したピーナッツバターです。

とにかく美味しい。

これをパンに塗ってだすだけで立派なオヤツになるんですよ。

つぶつぶジャリジャリ食感がいい!

最大の特徴は、とにかく食感。

普通のピーナッツバターってなめらかなクリーム状ですよね?

ピーナッツのつぶが入ったものもありますが、ジャリジャリはない。

 

このジャリジャリの正体は種子島産粗糖。

ピーナッツの粒と粗糖の絶妙な組み合わせ

粗糖は精製されていないミネラルやカルシウムが入った砂糖で、普通の砂糖よりもコクがあって美味しいんです。

クリーミーなバター部分とチャンキーなピーナッツ、それにジャリジャリの粗糖がミックスされてなんとも言えない!

 

粗糖の存在感がきわだっているので、食べときに必ず

ゆうゆう
種子島の粗糖入ってるわ~

と思えますよ~。

 

原材料がシンプル

原材料がシンプルなのも気に入っています。

シカンピーのピーナッツバターの原材料

 

【カンピー】ピーナッツバターの原材料
  1. ピーナッツバター
  2. ピーナッツ
  3. 粗糖
  4. 粉糖

 

保存料も添加物も一切はいっておらず、知ってる材料ばかり。安心して食べることができます。

 

ピーナッツと粗糖を楽しめる味

若かりし頃、私の中ではピーナッツバターといえばスキッピーでした。

あれ、とっても甘くて美味しいんですよね~。

でも、30代になって食べてみると、

ゆうゆう
甘すぎる!

 

それ以降、買うのをやめました。

でも、このカンピーのピーナッツバターはちょうどいい甘さ。

ほどよい甘さのピーナッツバター

くどくなく、ピーナツ本来の味と粗糖のコクを味わえます。

かと言って甘くないこともないので、子どもたちも大好き。

朝食のパンにぬって出すと大喜びしています。オヤツに出しても文句言われません!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

ピーナッツバター、美味しいですよね。

この種子島の粗糖入りピーナッツバターはスキッピーなどとくらべると少しお値段がするので、わが家ではたまにしか買ってきません。

なので「お楽しみ」的な存在。

パンやクラッカーにぬって家族で楽しんでいます。

とっても美味しいので本当におすすめですよ。

店頭では、成城石井やスーパーのコーヨー(KOHYO)で売っています。

今までにない食感をぜひ試してみてくださいね~。

 

ゆうゆうでした。

おすすめの記事