大阪中之島図書館

ドラマ「名建築で昼食を」の大阪編にでてきた中之島図書館にある「スモーブロー」でランチをしてきました。

図書館の2階にあるデンマークの料理が食べられるお店です。

大正時代に建てられたロマンあふれる建物の中に足を踏み入れるとまるでタイムスリップしたみたいですよ~。

それでは今日は、スモーブローのランチの様子をご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

「名建築で昼食を」に出てきた大阪中之島図書館

大正期に建てられた建物で、外観はルネサンス様式、内部はバロック様式。本館と左右両翼の2棟は国の重要文化財に指定されています。

美しい~

中のドームがこれまたロマンティック。

大阪中之島図書館のドーム

 

ホール上部には菅原道真、孔子、ソクラテス、アリストテレス、シェイクスピア、カント、ゲーテ、ダーウィンの八哲の名前が記されていて知の殿堂といった感じ。

大阪中之島図書館のドームに書かれた8哲の名前

 

階段をのぼった右手にレストランはあります。

ただ図書館内にレストランがあると言っても、中之島図書館は古文書や大阪関連の文献、ビジネス関係分野の書籍・資料に特化した図書館なので一般向けの本はほぼありません。

建物や雰囲気を楽しみに来てくださいね。

 

スポンサーリンク

スモーブローキッチンの基本情報

北欧の伝統的な家庭料理、オープンサンド(スモーブロー)が食べられるお店で中之島図書館2階にあります。

 

スモーブロー基本情報
  • 【住所】大阪市北区中之島1-2-10
  • 【電話】06-6222-8719
  • 【営業時間】9:00~20:00
  • 【定休日】不定休
  • 【テイクアウト】有
  • 【駐車場】無
  • 【アクセス】
    地下鉄堺筋線「北浜」19番出口より徒歩3分
    地下鉄御堂筋線「淀屋橋」1番出口より徒歩5分

◇ スモーブローキッチンの地図

     

    図書館は大阪市役所のすぐ隣になります。

     

    スモーブロー店内の様子

    デンマークをイメージしたオシャレなお店でした~。

    図書館内にあるからか本のオブジェが。

    スモーブロキッチンの店内

     

    お水とフルーツウォーター、ベジタブルウォーターがセルフで自由に飲めます。

    スモーブローキッチンのセルフドリンク

    私はフルーツウォーターを飲んだんですが、ほんのりと柑橘類の風味がしました。

     

    スモーブローのランチメニュー

    ランチメニューは3種類から選べます。

    スモーブローキッチンのランチメニュー

    A(おすすめ)、B(魚)、C(肉)いずれのセットにもサラダとスープ、ドリンク(コーヒー、紅茶、本日のジュース)がついてきました。

    プラス料金すればほかのドリンクも楽しめます。

    スモーブローキッチンのドリンクメニュー

    あと平日だけセットにプラス料金でデザートもつけることができました。

     

    スモーブローのランチ

    私は豚のAセット、夫はサーモンのBセット、それにデザートを注文しました。

     

    ◇ サラダとスープ

    スモーブローキッチンのスープとサラダ

     

    ◇ 豚ひれ肉のバルサミコソースと季節野菜のスモーブロー

    スモーブローキッチンのAセット

    あま~いカボチャペーストやリンゴもあって美味しかったです。

     

    ◇ サーモングリルの醤油マスタードと秋野菜のスモーブロー

    スモーブローキッチンのBセット

    サツマイモと柿がのっていて季節感がありました。

     

    ◇ デザートのシュトーレンのアイス添え

    スモーブローキッチンのデザートシュトーレンのアイス添え

    スパイスがホンノリときいていて美味しい!

     

    ◇ コーヒーとロイヤルミルクティー

    スモーブローキッチンのコーヒー

    スモーブローキッチンのロイヤルミルクティー

    グラスは2重になっていて、手にもっても熱くならないタイプ。

    温かい飲み物をグラスで飲むのもいいなぁ、と思いました。

     

    スポンサーリンク

    ゆうゆう的まとめ

    レトロな図書館内にあるお店、雰囲気があっていいなぁと思いました。

    中之島周辺は明治や大正時代の建物が残っているエリアです。

    すぐそばに川や安藤忠雄さんが設計した「こども本の森」もあって、散策するにはいい場所です。

    ぜひとも図書館内にあるスモーブローキッチンでランチをしてみてくださいね。

     

    ゆうゆうでした。

    スポンサーリンク