桃谷棲のお店

中華料理「桃谷棲」の泉北パンジョ店でランチを食べました。

あべのハルカスや銀座三越店にもあるお店で、化学調味料を使っていないヘルシーな料理が中華が食べれるんですよ~。

そんなお店とは知らずに入り、思わぬ美味しさにホクホクでした。

それでは今日は、中華料理店「桃谷棲」、はり切っていってみましょう!

 

スポンサーリンク

「桃谷棲」泉北パンジョ店

泉北高島屋の専門店パンジョのレストラン街に入っています。

アクセス方法

泉が丘駅前にあるので行きやすい場所にあります。

 

 

【電車】泉北高速鉄道「泉が丘」駅より徒歩約3分。

【車】

  • 阪和自動車道「堺IC」から約4㎞
  • 阪神高速堺線「堺出口」から約11㎞
  • 阪神高速湾岸線「助松JCT」 →堺泉北有料道路[太平寺出口]から一般道路 約4.5km

 

駐車場について

買い物金額によって割引があります。

 

駐車場の割引
【2,000円以上】:2時間無料
【10,000円以上】:3時間無料
【対象駐車場】第2駐車場・第3駐車場・第4駐車場・第5駐車場ビル

金額は高島屋とパンジョの合算でいいので、かなり利用しやすいです。(ユニクロもニトリもある)

 

子連れチェックポイント

 

店内は広く、個室もあるので小さな子ども連れでも入りやすいです。

桃谷棲の個室

メニューは子ども用の「お子様ランチ」(1,230円)や「お子様チャーシュー麺」(680円)のほか、単品もありました。

 

スポンサーリンク

「桃谷棲」の様子

4階の紀伊国屋書店の近くにあります。

「桃谷棲」の外観

レストラン街の奥のほうにあります。

桃谷棲の外観

私は今までパンジョで何度もランチを食べていますが全く存在に気づかずにいました。(汗)

入り口はとても小さいですが、店内はとっても広くてビックリ。

 

店内の様子

入り口からは想像できないほどお店の中は広く、110席も席がありました。

ソファ席や円卓のほか個室もあります。

広い店内の円卓

ゆったりと座って食事できて安心。

 

机の上には使い捨てのマスク入れもあって助かる。マスク入れ、いつも持ってくるの忘れちゃうんです。(汗)

使い捨てのマスクポケット

私たちは平日の11時半ごろ入ったので人がまばらだったんですが、12時ごろになるとドンドン人が入ってきて席があっと言う間にうまっていきました。

人気のお店なんですね~。

 

スポンサーリンク

「桃谷棲」のランチメニュー

飲茶がついたランチセットは2,000円ほどからあります。

 

桃谷棲のランチメニュー

 

「桃谷棲」ランチメニュー(一例)
  • 酢豚ランチ(1,980円)
  • 蟹肉入りレタス炒飯ランチ(1,980円)
  • あんかけ焼き麺ランチ(2,180円)
  • 海鮮中華丼ランチ(2,180円)
  • 桃谷樓ランチ(2,680円)
  • 気仙沼産ふかひれ姿煮ランチ(3,000円)

このほか国際薬膳師が考えた薬膳ランチなんかもあるんですよ~。食べてみたい!

 

ゆうゆうが食べたランチ

夫が酢豚ランチ、私が炒飯ランチを頼みました。(夫、いつも酢豚)

出してくれるお茶は奈良県産の無農薬のほうじ茶。

奈良県産のほうじ茶

 

◇ お米はおひつに入ってお替り自由

◇ 野菜入り卵スープ

野菜入り卵スープ

 

◇ お肉風の大豆のしぐれ煮

お肉風大豆のしぐれ煮

 

◇ 4種類の飲茶

4種類の飲茶

 

◇ 名物酢豚

酢豚

最近食べた酢豚の中では一番美味しい。しかもお肉たっぷり。衣が薄いのにサクッとしており、お肉が柔らかい!

これなら食べ盛りの子どもでもガッツリいけそうです。

 

◇ カニ肉入り炒飯ランチ

カニ身入り炒飯

カニがたっぷり入ってます。

炒飯に焼豚が入ってるんですがそれが甘くて美味しい~。

味もしつこくなく、ペロリと完食しました。

炒飯ランチにも酢豚ランチと同じくスープと飲茶がついてきました。

 

「桃谷棲」のテイクアウト

テイクアウトメニューも充実しています。

桃谷棲のテイクアウト

ちゃんとテイクアウト用の窓口もあってスムーズに受け渡しできるようになってました。

餃子6個(810円)、桃饅頭2個(495円)などなど。オードブルもありましたよ~。

今度餃子買って帰ろうかな。

ゆうゆう的まとめ

なんとなく入った「桃谷棲」。

パンジョ奥にヒッソリとあった中華店がこんなに美味しいとは思わず、びっくりしました。

いつも決まったお店ばかりに入っていたけど、これからチョクチョク桃谷棲でも食べよっと。

体にやさしい、本格的な中華料理です。

機会があれば「桃谷棲」へ、ぜとも行ってみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事