登仙の看板

堺市の中料料理店「登仙」(とうせん)へランチに行ってきました。

浜寺公園近くにある、普通の一軒家のお店で「美味しいのかなぁ?」と以前から思っていましたが、コレが美味しかった!

きっと私のように思っている人も多いと思うので、お店の雰囲気やランチメニューなどご紹介しようと思います。

それでは今日は、中国料理「登仙」(とうせん)、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

本格中華料理店「登仙」

浜寺公園近くにあるレストランです。

最寄駅は阪堺電車の「船尾」からだいたい徒歩10分ほど。

外観はごく普通の一軒家ですが、シェフはテレビで昔やっていた「料理の鉄人」の陳建一さんのお店「四川飯店」で修業していた方。

本格四川料理が食べれるんです。

 

ゆうゆう
外観は普通っぽいのに本格中華!

 

店内の様子

1階と2階がありますが、店内はあまり広くはありません。

 

店内の様子

1階、2階ともにテーブルが6つ7つあるくらいなのでランチ時はすぐに満席になってしまいます。絶対に食べたい方は予約をおすすめします。

口コミで「とても綺麗な店内です」「上品なお店です」など書かれていますが、口コミから想像するようなお洒落なお店ではありません。

「地元で愛されている」といった印象の、家族連れでも入りやすい雰囲気のお店でした。

 

お子様メニューはありませんが、単品メニューがあったり子供用の椅子はあります。ソファ席もあるので子供連れでも食事を楽しむことができますよ。

 

さいとうしのぶさんのサイン色紙

あと、小さなお子さんをお持ちの方ならご存知かも知れませんが、絵本作家の「さいとうしのぶ」さんのサイン入りイラストがレジ近くに飾られています。(反射してすみません:汗)

子供たちが小さなころ、さいとうさんの『てんとうむしのはじめてのレストラン』が大好きでよく読んでいたので、入った途端に目が釘付けになりました!

堺市のご出身とは知っていたのですが、とっても嬉しい発見でした!

 

テイクアウトもあり

お店では以前からテイクアウトもされています。

持ち帰り用の容器代が1つにつき50円かかりますが、事前に電話で注文しておけば本格中華料理がお家でゆっくり食べれますよ。

 

スポンサーリンク

ランチメニュー

平日のランチメニュー

 

単品もありますが、セットメニューを頼んだほうがお得です。

平日メニュー(1,000円~)と週末メニュー(1,200円~)があり、週末の方が少しお値段が高くなります。(内容も変わります)

 

ランチメニュー(平日)
週替わりメニュー:1,500円
日替わり湯麺:1,000円
麻婆豆腐定食:1,200円
酢豚定食:1,500円
お粥セット:1,500円

 

全てのセットに蒸篭に入った蒸し物つき。湯麺セット以外にはスープや杏仁豆腐などがついてきます。

単品メニューではチャーハンやチャーシュー麺、餃子などありました。

このほかコースランチもありますよ!

 

注文したのはコレ

私は麻婆豆腐定食を、夫は酢豚定食を注文しました。

麻婆豆腐と蒸し物3点、香の物、卵と杏仁豆腐のセットです。宮内庁御用達のお米はお替り自由。

麻婆豆腐定食

麻婆豆腐は結構辛いです。でもコレが美味しい~。体がポカポカになりました。

 

こちらは酢豚定食。メイン以外は麻婆豆腐定食と同じです。

酢豚定食

 

食後にゴマ団子とジャスミンティーをサービスで持って来てくれました。嬉しい!

サービスのジャスミンティーと揚げ団子

 

スポンサーリンク

「登仙」の駐車場

駐車場はお店の前に2台、すぐそばの駐車場に5台停めれます。

登仙の専用駐車場

 

お店の前はかなり狭く、万年初心者マークの私が停めるには至難の業。

すぐそばにある第2駐車場は広いので、運転に不安がある人はそちらに停めるのがおススメですよ!

 

ゆうゆう的まとめ

浜寺公園近くの住宅街にある「登仙」。

外観からは想像できないほど美味しい中華料理が食べれるお店です。

とくに蒸篭に入った蒸し物は家で手作りしないので特別感満載。

蓋を開けた途端あらわれる可愛い飲茶とホカホカの湯気を見るだけで、きっと幸せ気分になれますよ!

美味しい中華料理が食べたくなったら浜寺の「登仙」に行ってみてくださいね~。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事