pickup

大阪堺市の大寺餅(おおてらもち)河合堂のご紹介です。

堺は千利休が住んでいた街のため老舗の和菓子屋さんがあちこちにあります。

その中でも美味しいお餅と言えば、やはり大寺さん。

お店の看板商品、大寺餅は歌人の与謝野晶子の大好物なんですよ~。堺では「与謝野晶子が好きやったやつな」と言われるほど有名です。

今日はそんな大寺餅河合堂をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

大寺餅ってこんなお店

お店の創業は何と、慶長元年(1596年)安土桃山時代。

石田三成や豊臣秀吉が生きていた時代からあるなんて凄すぎる!

もともとは「大寺さん」は堺の大小路と宿院の間にある開口神社のことを言い、この境内で参拝客にあんころ餅やきなこ餅などを販売したことに由来します。

歌人の与謝野晶子は

年を取ると昔食べたものがなつかしくてねえ、東京へ来る時は他のみやげは要りませんから大寺餅と四十日芋を持って来て欲しい

と言うほど大寺餅好き。素朴な味が彼女の故郷である堺を思い出させたのかも知れませんね。

 

また、上方落語の「疝気(せんき)の虫」にも大寺餅が登場するんですよ~。

「わたい堺へ行くのが好きでございましてね、 堺へ行くと「大寺餅」ちゅうて、あんころ餅、おまっしゃろ 名物の?そぉですそぉです。」

疝気の虫より

ね、なかなかの名物でしょ!?

 

営業時間や定休日

朝の9時からあいているのが嬉しい!

駐車場はありませんが、近くに有料のコインパーキングがあります。

【営業時間】
9:00~18:00
【定休日】
第2、第3火曜(異なる月あり)
1月1日~3日

 

スポンサーリンク

大寺餅河合堂のアクセス(行き方)

南海本線「堺」駅か、阪堺線の「寺地町」駅が最寄り駅です。

南海本線堺駅からのアクセス

南海本線堺駅からだと降り口は南口が一番近いです。電車の高架を南に下って行き、徒歩10分ほどで少し広い道に出るので左折してしばらく歩いてください。

お店は英彰小学校の前になるので分かりやすいですよ。

「堺観光ガイド」のHPでは南海堺駅から徒歩10分と書かれていましたが、実際はもう少しかかると思います。

阪堺線寺地町駅からのアクセス

阪堺電車(ちんちん電車)の寺地町駅からだとひたすら海の方角に向かってすすむと左手に見えてきます。堺駅からよりも若干近いかな?

くるみ餅で有名な「かん袋」も最寄り駅は寺地町駅なので、食べ歩きしても良さそうですね。

関連記事堺「かん袋」くるみ餅は秘伝の味!アクセスや混雑状況などをご紹介

 

スポンサーリンク

大寺餅はこんな感じ

店名にもなっている大寺餅は6個500円。1個80円以下で買いやすいお値段なので子供のオヤツにもピッタリです。

堺名物大寺餅
あんこときな粉が3つずつ入っていて一箱で二種類味わえるのも嬉しい。

中はどちらもお餅にあんこときな粉がまぶしているだけなんですが、これが本当に美味しいんです。

なんといってもお餅がね、やわらかくて美味しい

子供たちも

息子
あんこもきな粉も食べたい~

どっちも美味しいからもっと頂戴~

と言い、子供たちだけあんこときな粉を一つずつ食べるほどの美味しさです。

使っている材料がもち米、小豆、砂糖、きな粉など昔からある安心出来るものばかり。子供にも安心させて食べさせられます。

 

みたらし団子もおすすめ

桜餅、草餅、三食団子など、どれも美味しいです。

そんな中でも私の一番のおすすめは

みたらし団子!

1本100円。

注文すると、その場で熱々のみたらしのタレにドボンッ!とつけてくれます。

これ、ホント~に美味しいんですよ!

熱々のタレにつけてくれるので、お餅がさらに柔らかくなって本当にとろける美味しさになるんです。

よく子供と一緒に1本ずつかって食べ歩いてます(笑)。

機会があればぜひとも食べてみてくださいね。

 

 高島屋堺店でも購入可能

もし直接本店に行くのが難しい場合は、南海高野線堺東駅と直結している高島屋2階のお菓子売り場に大寺餅河合堂さんが入っています。

ここだと迷いようがありません!

本店まで行くのはちょっと面倒だけど、大寺餅を食べてみたいなぁ、と言う方は、是非とも高島屋で購入してみて下さいね。

2020年1月追記高島屋内から撤退しています。

 

ゆうゆう的まとめ

素朴な味わいの和菓子を食べると、何だか優しい気持ちになりますよね。原材料も知っているものばかりで安心。

息子がまだ1歳の冬、雪が吹雪いている中お店の前を通っていると、大寺さんのお店の方がわざわざ出て来て傘を差し出してくれたことがありました。

とっても寒い日でしたが、感激したのを昨日のことのように覚えています。

そんな素敵で、歴史のある美味しいお餅の大寺餅河合堂。堺に来たら、お土産に買って帰ってくださいね~

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事