pickup

ブラウンのコーヒーミルとコーヒー豆

2,3年前から急にコーヒーを飲むようになりました。

コーヒーを飲みだすと根が食いしん坊なので「挽きたてのコーヒーは美味しいんじゃない?」という思いがムクムク。

でもコーヒーミルって場所も取るし、わざわざお金だして買う程の価値が本当にあるかな?いや、それほどどうしても挽きたてを飲みたいワケではないよね、とずっと思ってきました。

でも、ブラウンのブレンダー『マルチクイック7』を買った時にミルが付いていたので今回初めて試してみました。

今日はブラウンの電動コーヒーミルでコーヒー豆を挽いてみた感想などをレポしたいと思います。

 

ブラウンのコーヒーミルが使いやすい理由

ブラウン社のまわしものでも何でもないですが、ブレンダーを使ってからすっかりファンです。

とにかくコンパクトで手入れが簡単。

これが最高なんです。

しかもスパイスや煮干しなんかを細かくするコトもできます。

コンパクトに収まるサイズ

こういう特定のモノに特化した家電って、場所をとるのが困りもの。

でも、このミルはとってもコンパクト!

はかってみると本体の高さは13㎝ほど。

ミルを持ってみました

ミルを持つとこんな感じ

 

これにブレンダーの本体を差し込んで使います。

この取り外しできるというのがブラウンの最大の魅力。

私はブレンダーと一緒に無印のカゴに入れて収納しています。

無印のカゴに収納

無印のカゴに収納

 

簡単に洗えて手入れが簡単

 

全てのパーツを外せて洗える

全てのパーツを外せて洗える

 

ブラウンのコーヒーミルが使いやすいのは全てのパーツを簡単に外せて水洗いできるコト。

手で外し、ザッと流して乾かすだけなのでお手入れ簡単。

私は手入れが複雑になるとヤル気がでない人なので、これくらいじゃないとまずコーヒー豆を自分で挽くことはないと思います(笑)。

本当に、ありがたい~

 

スポンサーリンク

ブラウンのコーヒーミルの使い方

とっても簡単です。

コーヒーミルのブレード

コーヒーミルのブレード

 

あらかじめブレイドがセットされたミルに

 

UCCの豆を投入

UCCの豆をMaxラインまで入れる

 

Max表示があるの場所まで豆を入れます。50~60gくらい入りました。

 

蓋をセット

蓋をセット

 

ミルに蓋をします。これも簡単。

 

ブレンダー本体を蓋にセット

ブレンダー本体を蓋にセット

 

ブレンダーの本体をセットし、スイッチオン!

ギュイ~ン

 

スイッチ一つでコーヒー豆が挽けました

スイッチ一つでコーヒー豆が挽けました

 

10秒くらいして中を開けるとまだ挽かれてない豆もあったので、フリフリして混ぜ、再度スイッチオン!

3回くらいしました。

ハイ、おしまい!

30秒で豆がこれくらいになりました

30秒でこれくらいの粗さ

 

まだ、少し大きめのコーヒー豆もあったので、もう少し長めにするともうちょっと細かくなったかも。

コーヒー缶に入れ保管

コーヒー缶に入れ保管

 

挽いた豆はコーヒー缶に入れ、冷蔵庫に保管。

保管と言っても60gほどなので、すぐに飲んでしまいました。

 

スポンサーリンク

挽きたてコーヒーは美味しい?

挽きたてコーヒーとナッツ

挽きたてコーヒーでおやつタイム

 

正直いって、わかりません(笑)。

もともと酸味があったり苦みが強いコーヒーは苦手なので、コーヒー通のようなコトは何一つ言えません。

ただ、香りは良いと思いました。

豆、細かく砕いてるんだからそりゃそうだ。

私は味の大きな違いより「自分で挽いが豆を飲んでいる」というトコロにロマンを感じました。やっぱり自分で挽くと特別感がありますね。まぁ、電動やけど・・・。

 

ゆうゆう的まとめ

他のミルを試したコトがないので比較は出来ませんが、初心者で「ちょっと挽きたてのコーヒーを飲みたいなぁ」くらいの方なら良いと思います。

とにかくコンパクトで簡単で、手入れしやすい。

気軽にコーヒー豆を挽きたい私にはピッタリでした。

しかもブラウンのブレンダーセットについているので、ものすごく得した気分。

これくらい気軽に使えるものだとコーヒー豆を買ってくるのも気楽なので買ってみる価値があると思います。

機会があれば、ぜひとも試してみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事