ピスタチオ大福

たねやのピスタチオ大福を食べました。

なんばの高島屋に4回買いに行ったのですが、ずっと売り切れで今回やっと手に入れました!

入手までが長かった。

ということで、大人気で入手が困難なたねやのピスタチオ大福のご紹介、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

たねやのピスタチオ大福って?

ピスタチオを大福のトッピングにした和菓子です。

「大福にピスタチオって、すごい組み合わせだけど美味しいのかな?」と不安と期待を抱きつつ購入。

使われているピスタチオはイタリア、シチリア島のブロンテ村産のもので、世界きっての美しい緑色と甘味で有名。

グーグルの検索で「シチリア ブロンテ村」と入れると「ピスタチオ」ばかりの結果が出てきます。

スゴイ。

たねやの4代目の山本社長は常に良い素材を求めて世界中を視察しているんですね。

賞味期限は2日間でした。

 

黒いパッケージをあけると美しいグリーンの箱に、大福3つとピスタチオの袋が入っています。

パッケージをあけたところ

 

大福をお皿に入れたら、ピスタチオをたっぷりと振りかけます。

大福にピスタチオをかける

 

大福は粒をのこした滋賀羽二重糯。こしあんがたっぷり入っています。

お餅の中にあんこがたっぷり

 

そして、沢山はいってるピスタチオ。12g入りでた~っぷり!

たっぷりのピスタチオ

 

わかります? ご覧のとおりピスタチオの大きさが違うんです。

色んな大きさがあるため食感や味わいに変化が生まれ、より美味しく味わえます。

塩だけでなく砂糖も入っているので、お餅になじむ~

めちゃ美味しい!

もともとピスタチオが好きな子供たちも大絶賛。

娘なんて、ピスタチオが残ったお皿をなめてました(笑)。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

大福とピスタチオの相性が抜群でびっくりの一品でした。

これまでオリーブ餅、ピスタブレと食べてきましたが、ピスタチオ大福が一番美味しかったです。

リピート買いしたい。

見た目も、食べ方も楽しく、誰かの手土産にもピッタリだと思います。

ただお餅はかなり小ぶりな3つ入り。

喧嘩しないように、2箱くらい買ったほうがよいかも知れません(笑)。

機会があれば、たねやのピスタチオ大福、ぜひとも食べてみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事