「鳥羽マルシェ」の外観

「鳥羽マルシェ」へランチを食べに行きました。

「鳥羽マルシェ」は地元でとれた食材を使ったランチを楽しんだり、とれたて農産物や水産物を買うことができるんですよ。

鳥羽水族館からも近く、私たちは水族館へ行ったあとに立ちよりました。

コロナ禍では評判のブッフェは中止になっていますが、かわりに美味しい定食がいただけます。

それでは今日は、「鳥羽マルシェ」のランチや駐車場、お店の様子などをご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

「鳥羽マルシェ」へのアクセスと駐車場

◇「鳥羽マルシェ」の地図です。

鳥羽駅から見えるくらい近い場所にあります。

また、鳥羽水族館からも車で約5分、歩いても10~15分くらいで到着できますよ!

 

「鳥羽マルシェ」の基本情報
  • 【住所】鳥羽市鳥羽一丁目2383-42
  • 【電話】0599-21-1080
  • 【営業時間】

〈直売所〉10:00~18:00
〈レストラン〉11:00~13:30(受付終了)
〈テイクアウト〉10:00~17:30

  • 【休館日】水
  • 【アクセス】

〈車〉伊勢I.C.から伊勢二見鳥羽ラインで約15分
〈電車〉JR・近鉄鳥羽駅から約2分

     

    「鳥羽マルシェ」の駐車場

    専門の駐車場はありませんが、「佐田浜第一駐車場」がすぐ裏手にあります。

    「鳥羽マルシェ」の駐車場

     

    佐田浜第一駐車場(160台)
    時間 料金
    1時間まで 無料
    2時間まで 500円
    2時間~5時間まで 300円/時
    5時間~ 100円/時

     

    1時間まで無料ですが、マルシェでランチや買い物をしても割引等ないので注意してくださいね!

     

    スポンサーリンク

    「鳥羽マルシェ」の店内の様子

    マルシェの様子です。

    「鳥羽マルシェ」の店内の様子

     

    地元でとれた野菜や果物、

    「鳥羽マルシェ」で売られている野菜

     

    とれたての魚もたくさんありました。

    「鳥羽マルシェ」で売れている魚

    一袋に魚が何匹も入っていて500円くらい。

    ゆうゆう
    メチャクチャ安い!

    伊勢海老(2,000円~)もありましたが私たちが行ったお昼ごろには売り切れでした。

    買ったお魚などはマルシェ内でお造りにしてもらえますよ。(有料)

     

    お土産物としては海藻や海苔、ほかにもちょっとしたお菓子がありました。

    「鳥羽マルシェ」の店内の土産物

    ただ全体的に「鳥羽マルシェ」は「道の駅」的なお店なので、お洒落なお土産物や可愛いものなら隣向かいにある「鳥羽一番街」のほうが多いです。

    食材買いに「マルシェ」、お土産買いに「一番街」みたいな感じかな?

     

    スポンサーリンク

    「鳥羽マルシェ」のランチ

    これまでブッフェが人気だった「鳥羽マルシェ」のランチですが、コロナ禍で中止されています。ただいま御膳で提供中。

    「鳥羽マルシェ」の御膳ランチ

    新鮮な魚介類をつかったランチがそろっており、お子様ランチもありました。

     

    娘以外が注文した海鮮丼です。

    「鳥羽マルシェ」の海鮮丼

    ちょうど白身魚の時期だったようで丼が白い。(笑)

    ゆうゆう
    でも、美味しかった!

     

    娘はテイクアウトコーナーでカレーライスを頼みました。

    ゆうゆう
    鳥羽、関係ないやん

     

    どーしてもカレーが食べたかったんだそう。

    うどんやコロッケ、タコやエビの唐揚げなどオーソドックスなものから「サメの春巻き」などもありました!

    珍しいものが食べたいならチャレンジしてみてくださいね。

     

    また、店内ではお弁当なども販売されています。

    「鳥羽マルシェ」のお弁当販売

    レストラン内では食べれませんが、外のテラス席で食べれますよ。

     

    ゆうゆう的まとめ

    鳥羽水族館の帰りにランチを食べによった「鳥羽マルシェ」。

    印象は「近くに住んでたら3日に1度は行きそう」な市場でした。

    とにかく魚が新鮮で安い!

    野菜も安い!

    「道の駅」といった感じで、主婦の味方と言った印象でした。

    今度行くならクーラーボックスを持って新鮮な魚介類を買いあさり、バーベキューをしたい!と思っています。

    近くまで来たら、ぜひとも覗いてみてくださいね~

     

    ゆうゆうでした。

    スポンサーリンク
    関連キーワード