pickup

ホテルグランヴィア京都に宿泊中、朝食を「サザンコート」で食べました。

こちらは15階にあるので静かで、落ち着いたレストランです。

ロビー階のカフェとは違って朝はそれほど人もおらず、スムーズに朝食をとることができました。

今日は、サザンコートの雰囲気や食事の内容などレポートしたいと思います。

それでは、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

スカイダイニング&ラウンジ「サザンコート」

サザンコートからの景色

ホテル最上階の15階にある見晴らしのよいレストランです。

大きな窓があって京都の景色を楽しむことができ、朝から清々しい気持ちになれました。

落ち着いた雰囲気でゆったりできるので、ノンビリ過ごしたい人にはおすすめです。

また、グランヴィアフロアに宿泊していれば同じ階なのでレストランまで直ぐに行けて便利ですよ。

 

朝食内容

洋食のハーブブッフェでした。

サラダやジュース、パンやスープなどのブッフェにメインを1つ選び、作りたてを持って来てもらえます。(食後のコーヒー、紅茶付)

サザンコートの朝食料金
  • 大人(2,851円)
  • 子供(1,800円)3歳~小学生

 

選べるメインは次の5点。

  1. フライドエッグ
    (京丹波高原豚のベーコンとソーセージ)
  2. スクランブルエッグ
    (京丹波高原豚のベーコンとソーセージ)
  3. タスマニアサーモンのグリル
    (西京味噌のビスク仕立て)
  4. 丹波あじわいどりのソテー
    (生姜風味の鼈甲餡九条ねぎと)
  5. アンガスビーフのグリル
    (香草とライム)+1,188円

 

どれも美味しそう~

私達は家族4人仲良くそろってスクランブルエッグを選びました。

卵はフワッフワで、ベーコンもソーセージも美味しかったです。

できたてスクランブルエッグ

 

ただ小学2年生の息子と年長の娘にはこのメインは多かったようで、ちょっとかじった程度で後はブッフェを楽しんでいました。2人で一つのメインで十分だったかな?

残ったメインは責任をもって?夫と私でいただきました。

お残しは許しまへんで~(忍たまの給食のおばちゃん)

サラダの野菜の多くは京野菜が使われてます。これまた新鮮で美味しい~

京野菜を使ったサラダも充実

 

京都はパンが有名なんですよ~。と学生時代、ちょっぴり京都に下宿していた私は語る。

豊富なパン

 

パンやヨーグルトに使うジャムが4種類あり、嬉しがって抹茶キャラメル以外全てヨーグルトに入れて食べてしまいました。

美味しそうなジャム

 

プチプチしたパッションフルーツの種の食感が楽しい「マンゴーとパッションフルーツ生姜」と、プルプルトロトロした「ハチミツ寒天チアシード」など、ちょっと変わったジャムなのが嬉しい。

残念なのはフレッシュな果物がなかったこと。

缶詰のフルーツカクテルはありましたがなんで新鮮な果物がなかったんだろう?

 

ヨーグルトとシリアル。シリアルはグラスに入っていて見た目ちょっとしたデザート、と言った感じ。

ヨーグルトとシリアル

 

冷たいドリンクもオレンジ、グレープ、アサイーブレンド、アップル、野菜、緑茶の水出しなど6種類もあり、充実。

冷たいドリンクも充実

子供たちは「緑茶の水出し」をアップルジュースだと思って飲んでしまい。

 

まずい~

 

息子
何やコレ~

 

と言ってました。

そりゃ、緑茶やもん。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

ホテルグランヴィア京都の「サザンコート」いかがでしたか?

種類も多くなく、内容も普通なのであれこれ食べたい人はロビー2階の「ル・タン」の方が良いかも知れません。

夫は「ル・タンの方が、色々食べれて良かったかなぁ」と何度も言ってました。(笑)

でも私はゆったりとした気分で食事ができたサザンコートで良かったです。

レストランの大きな窓から京都の街を眺めながら、ノンビリと食事をとる贅沢。

これはコレで素敵だと思いました。

ゆっくり静かに朝食を取りたいなら「サザンコート」をおすすめなのでした。

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事