完成したあつあつぜんざいと塩昆布

 

5分でできる、ぜんざいの作り方をご紹介です。

寒い日に温かいものを食べるとホッとしますよね。

全て市販のものを使っているので、子供たちが学校から帰って来てから作っても十分間に合う大助かりのスピードぜんざいです。

それでは今日は、5分でできるぜんざい、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

5分でぜんざいの作り方

ぜんざいの材料

ぜんざいの材料

 

ぜんざいの材料(4人前)
  • ゆであずき:1缶(165g)
  • 水:100ml
  • 切り餅:2つ
  • 塩昆布:適量

 

我が家はいつも1つの切り餅を4つに分け、1人2切れずつ食べるようにしています。切り餅の量はお好みで。

あずきに入れる水の量は、大体ゆであずきの缶に書かれています。メーカーごとに違うかも知れないので、参考までにしてくださいね!

 

作り方

  1. ゆであずきと水を鍋に入れる。
  2. かき混ぜながら1,2分煮る。
  3. そのあいだ切り餅を4分の一に切り、お餅が膨らむ程度にトースターで焼く。
  4. 温まったあずき汁をお椀に入れ、切り餅を入れて完成。

 

お餅のふくらむ時間によりますが、5分もあればできますよ!

めちゃ簡単で早くできるので、家には必ずゆであずきと切り餅を常備しています。

塩昆布をそえて食べると、ぜんざいの甘味が増し、よりいっそう美味しく感じますよ~。

子供たちも塩昆布があった方がテンションあがります。(笑)

スイカに塩かけて食べるのと一緒ですね。って私はスイカに塩かけへんけど。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

子供がもっと小さな頃は、お餅を喉に詰まらせる心配があったので白玉団子を作っていました。

白玉粉に水淹れ、こね、お湯で茹でて約15分。

それが今や、3分の1になって超楽チン。(笑)

豆から茹でる本格的なぜんざいでなくとも、ハフハフ言いながら食べる寒い日のぜんざいは、市販品でもと~っても美味しいですよ!

ぜひとも作ってみてくださいね~

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事