pickup

大量の和歌山の荒川の桃

 

父が大量の桃を持って来てくれました。

和歌山県の「あら川の桃」です。

贈答用なら1玉600円くらいするんですが、直売所のB級品となると格安で買えるんですよ~。

これだけ買って1,000円。

激安っ!

傷があった桃でジャムを作りました。

ジャムにすれば火を通すので、安心です。

それでは今日は、簡単にできる桃ジャムのレシピをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

桃ジャムの材料

桃ジャムの材料

 

グラニュー糖は果物のおよそ6割。 大雑把な私はいつも「果物よりちょっと多めの砂糖」と思って作っています。

 

スポンサーリンク

桃ジャムの作り方

準備

  • ジャムを入れる容器を煮沸しておく。

耐熱容器を沸騰したお湯の中に入れ、4,5分熱湯消毒してください。火傷に注意してくださいね。

 

作り方

1)桃の皮をむき、果肉を2、3センチの大きさに切って厚手の鍋に入れる。

 

2)①の鍋にグラニュー糖とレモン汁を入れ、30分以上置いて果汁を出す。

 

3)強火にかけ、表面がフツフツしてくるまで火にかける。

強火にかける

4)沸騰して来たら中火にする。

 

5)15~20分程灰汁を取りながらゴムベラなどで絶えずかき混ぜ、煮詰める。

 

6)とろみがついたら火を止め、熱い内に瓶に詰める。

 

7)瓶に詰めたら直ぐに上下逆さまにして冷ます。

瓶を逆さにして真空にする

 

ポイント

①  必ず火にかける前に桃にグラニュー糖とレモン汁をかけ、30分以上置いて下さい。しっかりと桃の果汁を出すと火にかけた時に焦げ付かず、とろみがつきやすくなります。

②  強火~中火で火にかける。新鮮な果物の香りやとろみを楽しむことが出来ます。弱火で長時間煮詰つめないこと!

③  ひたすら焦がさないように混ぜる。

④  ジャムを作っていて一番難しいのが完成のタイミング。冷えると固くなるので必ず普段食べるジャムより柔らかい段階で火を止めて下さい。
冷凍庫などで冷やしておいたお皿にスプーンでジャムを垂らし、ゆっくりと垂れるくらいで完成です。

冷たいお皿にジャムを入れてトロミをチェック

できた桃ジャム

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

桃ジャムは皮むいて切るだけでスタンバイできるので超楽ちん。

煮詰めている間ずっと部屋中に甘~い桃の香りが漂い、もの凄く幸せな気分になりました。

桃は値段のする果物なのでジャムにする機会は少ないと思いますが、少し傷んでいたり、大量に手に入ったりしたときにはおすすめです。

自分で言うのもなんですが、とても美味しジャムができました。

機会があれば、ぜひとも作ってみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事