りんごとみかんのバター焼き

りんごとみかんのバターを作りました。

フライパンで15分もあればできまするヘルシーおやつです。

ボリュームを出すため、食パン添えてみました。

それではりんごとみかんのバター焼きの作り方、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

りんごとみかんのバター焼きの材料

りんごとミカンのバター焼きの材料(4人分)
  • バター: 50g
  • りんご: 1個
  • みかん: 1個
  • グラニュー糖:大さじ1(ソテー用)
  • グラニュー糖:小さじ1(ヨーグルト用)
  • ヨーグルト: カレースプーン山盛り3杯くらい
  • 食パン(5枚切り):1枚

 

グラニュー糖の量は好きなように調整してくださいね。

ヨーグルトは、生クリームの代わりに「あったらいいなぁ~」くらいで添えてみました。なくても全く問題ないです。でも、あると特別感がでます(笑)。

 

スポンサーリンク

りんごとみかんのバター焼きの作り方

準備

    1. ボウルの上に置いたザルにキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを入れて水切りする。
    2. りんごを8つ切りにしておく。(半分に切って、それを4等分すると8つ切りになります)
    3. みかんを輪切りに4つに切る。
    4. 食パンを適当にスティック状に切っておく。

ヨーグルトをザルで水切り

少しでも長めに水切りできるよう、最初にヨーグルトの水切りから始めます。果物を切ったり焼いたりしている間だけですが、少量などでそれなりに水切りできます。

時間のある人は冷蔵庫の中で数時間おいておけば生クリームのようになりますよ!

みかんは皮ごと焼いたほうが崩れないし、栄養も豊富です。皮ごと焼く場合は綺麗に洗ってからシッカリと水気をふいてくださいね。私は子供たちが皮が苦手なためにむきました。

 

りんごとみかんのバター焼きの作り方

1) フライパンにバターを入れて弱めの中火にかける。

 

2) バターが溶けたらフライパンにりんごとみかんを入れ、5分程ソテーする。

りんごとミカンをバターで焼く

3) 柔らかくなってきた感じがしたら、グラニュー糖をふりかけて追加で5分ほどソテーする。

 

4) みかんが柔らかくなって崩れそうなら先に取り出し、お皿にとっておく。(私はここで水切りヨーグルトをお皿に入れました)

みかんは崩れやすいので先にお皿にいれておく

5) りんごをフライパンの端によせ、食パンを入れる。

 

6) 食パンがカリッとしてきたら残りのグラニュー糖をパンにまわしかけ、サッとパン全体にからめてから火をとめる。

 

7) 水切りしたヨーグルトにグラニュー糖を入れ、スプーンなどでよく混ぜ合わせてからお皿に入れる。

 

8) ソテーしたりんごとパンをお皿に盛りつける。

 

完成です!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

寒い時期だったので、温かいおやつが食べたくて作りました。

フライパンで果物とパンを焼くだけなので、とっても簡単で健康的。(バターはたっぷりだけど:汗)

夏場ならヨーグルトの代わりにアイスを添えても美味しいと思います。

果物を焼くだけという単純な調理ですが、バターで焼くと生で食べるのとはまた別の美味しさになりますよ。

皆様も機会があれば作ってみて下さいね。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事