アポロチョコ手作りキット

明治のアポロチョコの手作りキット「手づくりアポロを小学生の子供たちに買いました。

お値段は近所のスーパーで230円。

先日作ったきのこの山よりさらに簡単で、衝撃的でした。

これくらい簡単なら小学生の子供が自分たちだけでも作れちゃいます。

今日は、2人が作った手作りアポロをご紹介しますね!

スポンサーリンク

明治「 手づくりアポロ」

アポロチョコの材料

 

手作りアポロの材料

キットに入っているもの
  1. チョコペン:3本
  2. チョコ型:1つ
  3. ミンツ:1袋

入っているものはチョコペンと型とミンツ。

チョコペンの色は茶、ピンク、白と3色。

きのこの山のクラッカーがミンツに変っただけです。

クラッカーはチョコにまっすぐさすのが難しかったようですが、ミンツはチョコに入れるだけだったのでより簡単だったようです。

つまり、超簡単。

型にはアポロのキャラクー、アポロちゃんも入っていますよ!

8種類の型

 

アポロチョコの作り方

① 50度くらいのお湯にチョコペンをつけ、チョコをやわらかくする。

湯せんにチョコペンを入れて柔らかくする

 

② チョコペンの先を切り、型に好きな色のチョコやミンツを入れる。

 

③ 型をトントンしてチョコをまんべんなく型にいきわたらせ、ミンツを入れたりする。

型にチョコとミンツを入れる

 

④ 冷蔵庫で30分以上いれてかためる。

 

型から外せばできあがり!

 

完成したアポロチョコ

 

型からもポロッと取ることができます。

さすが!

 

食べてみた感想

こちらもきのこの山と同様、市販のほうが美味しかったです。

30分くらいで冷蔵庫から出しましたが、やっぱり柔らかめ。

もう少し冷やしたらかたくなるかも知れませんが、子供が作るので30分以上は待てない。

手作りキットで作ると、つねに柔らかめのチョコを食べるハメになりそうです。(笑)

ミンツはよっぽど大量に入れない限りはあまるので、あまった分はポリポリ食べたり、アイスにかけたりと楽しめました。

あと、娘はチョコの中に大量にぐいぐいミンツを入れていましたが、これが意外と美味しかったです。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

昔、お小遣で買っていたアポロチョコ。

ミルクチョコといちごチョコが一度に味わえる小さなチョコレート菓子は、子供の頃の私にとってはとっておきのお菓子でした。

こんな風に手作りキットにするなんて、夢があるなぁ~、と嬉しくなっちゃいます。

やっぱり、お菓子はワクワクするようなものであって欲しい!

子供は嬉しい、大人も懐かしい。

手づくりアポロ、見かけたらチェックしてみてくださいね~

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事